yuzu -バラと色鉛筆とキイチゴー

バラの花を色鉛筆で、キイチゴの様子も 

トリプルクラウン(ブラックベリー)やっと花が咲きました

いろいろとあったトロプルクラウン(ブラックベリー)の花がやっと開きました。

トリプルクラウン20160524 

いつもこんなに遅かったのかと過去の記録を見ました。
例年5月24日前後に開いています。
開き始めは薄いピンクですが、開いてしまうと白色です。花弁が5枚です。
これ以外だとトリプルクラウンではありません。(私も最初はソーンフリーを送られてきましたが、「トリプルクラウン」の実の写真と「トリプルクラウン」と書いたラベルがついていたので信じ切っていました。)
販売元に写真を添えてトリプルクラウンと変えてもらいましょう。

スタンザ 収穫

赤実の四季生りラズベリー
スタンザの収穫をしました。

スタンザ201605231 

大きさはこの程度です。昨年はもう少し大きかったと思ったのですが。

スタンザ201605232 

重さもこれくらいです。
新梢から出るつぼみは今のところ摘花しているのですが、まだつぼみが出るようです。
幹の途中から剪定してみたのですが、だめで下の葉の根元から花芽が出てきています。
この新梢はあきらめて花を咲かせます。
ほかにも新梢が出ていてこれはまだ花芽がありません。


オータムブリス(赤実のラズベリー)の収穫

昨日オータムブリス(赤実の2季生りラズベリー)を収穫しました。
昨年より1日早いくらいですから例年並みでしょう。
オータムブリス20160520 
かなり過熟の実があります。
秋果に比べて小粒です。
我が家のラズベリーでは1番早い収穫となりました。

穴をあけた主が見えた

ブラックベリーの昨年剪定した枝の、ずいの部分に穴が開いていました。
例年のことなのでゆっくり観察。

ヤマトツヤハナバチの巣201601 

今回は穴の中の主の姿が見えました。

ヤマトツヤハナバチの巣201602 

おなかの一部を出しています。枝をゆすると穴の奥に入っていきます。しばらくするとまたこの状態に出てきます。作業しているようです。
ヤマトツヤハナバチ という昆虫です。ググるとNHKの映像資料が出てきます。巣作りの様子がよくわかります。
成虫は

ヤマトツヤハナバチ201603

これくらいの大きさです。花はローガンベリーの花です。


コーホー(赤実1季生りラズベリー)

1季生りで赤実のラズベリー
コーホーが咲きました。
昨年から鉢植えにしています。
今年初めての開花です。
コーホー20160507 
1季生りなのでお味が悪いと栽培中止にします。
アメリカで改良されました。
これは幹の先端から根元のあたりまでまんべんに蕾がついています。

ミーカー(1季生り赤実のラズベリー)

ミーカーの花が咲きました。
昨年は苗なので花が咲きませんでした。
ミーカー201605041 
アメリカで開発された機械収穫用のラズベリーです。
幹が上に上に伸びます。
鉢植えにしているので剪定しました。それだと、幹が細くなり伸びます。
花が枝の先端部分にしかついていません。葉も途中は出ていません。
地植えだとどうなのでしょうか。
参考写真です。
ミーカー201405042 
この下50cmくらいが果樹鉢の上面です。


こまったよ!! Joan Squire

Joan Squre(ジョンスクエア)に困ったことが起きています。
茎が伸びていないのに今年の新梢につぼみがついています。
ジョンスクエアー201605021 
28cmしか伸びていません。
先端につぼみがあります。
ジョンスクエア201605022 
これだと茎が大きく成長しません。
ここで果実を収穫するように花を咲かせると、枯れてしまいます。
摘花してみました。
また葉の付け根から蕾が出てきています。
四季生りは作り方がよくわかりません。

サンタナ(赤実の2季生りラズベリー)花が咲きました

赤実の2季生りラズベリー
サンタナの花が咲きました。
日当たりがよくないところに移動させたため1日ほど遅い開花です。
サンタナ20160501 
昨年は秋花が咲きませんでした。
今年も秋かが咲かなければ栽培中止です。

HOME

 プロフィール 

ペンネーム YUZU

Author:ペンネーム YUZU
バラと色鉛筆とキイチゴ
色鉛筆でバラの花を描き始めたばかりです。
猫の額のキイチゴ類の様子も時々。

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 
 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QRコード