yuzu -キイチゴと時々バラの絵ー

キイチゴの様子時々バラの絵

ラズベリーの日焼け

このところ猛暑です。
空は青く澄み渡って強烈な日差しです。
ブラックベリーは白黒まだらに熟します。
ラズベリーも日焼けしました。

日焼け120150727
白いところが日焼けしたところです。ヘリテージです。
植え替えなどして今年は花が咲くのが遅かったです。
一番日焼けしたものを1つ。

ひやけ220150727
太陽に当たる面がほとんど白くなっています。
もう美味しくありません。
収穫わすれのラズベリーは過熟で、水分が抜け「干しラズベリー」になっています。種ばかし目立ちます。
遮光ネットをしようと思います。少し遅すぎたようですが、台風の関係で控えていました。
今回は日本海で消滅して影響はありませんでした。
また猛烈な日差しが戻ってきます。明後日から強烈な日差しと気温。
熱中症にはくれぐれもお気を付けください。

台風

スピードの遅い台風が通過しました。
地植えの伸びたラズベリーがお辞儀をして地面つきそうになっています。
鉢植えのものは高いところから地面におろしておいたのですが、倒れてしまいました。
レモンの大きな果樹鉢も倒れました。
今回の台風は風と雨が強烈でした。
風が弱まったので、雨の中、植木鉢を起こしました。
お辞儀をしているラズベリーは雨があがらないと。
カイオワやナバホ等のブラックベリーは幹も太く1m50cm位で剪定しているので影響はありませんでした。

トリプルクラウンの糖度は?

とリップルクラウン(ブラックベリー)
渋みがなかったので糖度を測ってみました。

トリプルクラウン糖度2015
意外に糖度は低いです。数日雨が降ってないので糖度も上がっていると思っていました。
渋みが抜けて、甘く感じられたのだと思います。
ジャンボブラックベリーやカイオワより糖度が高いです。
アメリカのナーセリーではトリプルクラウンの評価が高いところがあります。
「独特の味が絶賛を博している」とか。
1株600円程度でアメリカでは売られています。
ジャンボブラックベリーをやめて、またトリプルクラウンにしようかなどと迷っております。

アロニア(チョコレートベリー)の実を落果させる犯人は?

アロニアの地植えした実が落果するのが不思議でした。雨もよく降って水不足にはなっていないのに、落果しています。
やっと犯人がわかりました。時々外を見ているとき偶然にも「ツグミ」が2羽やってきて細い枝にとまり、実をついばむのですが、枝が細いためうまくついばめないのです。羽ばたいて逃げていきますが、それでアロニアの実が落下。
決まって2羽やってきます。夫婦?なのでしょうか。
3回目撃しましたが、3回とも2羽やってきていました。
この時期はツグミは普通我が家にはやってこないのですが、どこでわかるのでしょうか。あの渋い実が熟して、渋みが和らいでいることが。
鳥特にツグミは声が汚いというか、好きになれる声ではありません。

鉢植えのグレンアンプルにお礼肥え

う手のグレンアンプルの収穫が終わりました。
お礼肥えをして、幹の長さを3分の1カットしてみました。
グレンアンプル20150712
毎度のことなのですが、グレンアンプルはカットしても枝数が増えないことがあります。カットしタすぐ下の芽が伸びてそのまま大きくなり、結局は1本ということが多かったです。
個の鉢は植え替えをしないと根詰まりになりそうです。また苗を作っておかないと地植えのものがダメになること希にあるので、小さなのものも残してあります。
地植えのものは新しいシュートが地上数センチのところから出て、根っこは古い結果母枝の根っこのものが多くなりました。
畝をやめて、平らにする予定なので、苗がやはり必要になります。

ローガンべりーの葉の裏に鉢の巣2つ

雨が多かったせいか、ローガンベリーの葉の裏に鉢の巣が2つありました。
1つ目はきちんとした徳利型の巣です。
ドロバチ201507112
葉のうらだけでなく壁などによく巣が作られています。巣の中には幼虫の餌になる虫たちの幼虫がぎっしり入っています。それを食べて、さなぎになり徳利の底の部分に穴をあけて成虫が出てきます。
もう1つは欲張って巣をつくっています。現在進行形です。

ドロバチ201507111
すぐ下の地面から土を運んでいます。30秒に1回くらいの頻繁さです。巣の入り口がまだ完成していません。

アロニア(チョコベリー)の収穫

アロニア(チョコベリー)の実が落下し始めました。
鉢植えのものも地植えのものも落花。落果した実を食べてみました。渋いですがとても渋いとウことはありません。渋柿の方がしぶいです。
雨がよく降るので地植えのものは水不足でないはず。じゅくしすぎたのか?

アロニア20150708
それで黒く熟している房を選んで収穫しました。やく500g収穫しました。まだ黒くなっていない房が多いので残してあります。

カイオワとプライムアーク45のトゲ比べ

カイオワとプライムアーク45の新梢のトゲを比べてみました。
最初はカイオワのトゲです。

カイオワトゲ12015
1㎝位あります。トゲの付け根が広くしっかりしています。

カイオワトゲ22015
とげの密度ですが、写真を写す場所と角度により変わります。
ツギニプライムアーク45のトゲです。

45トゲ12015
カイオワに比べて長さはさほど変わりませんが、とげの付け根が狭いです。
茎に生えている様子です。

45トゲ22015
カイオワより少し少ないように思えます。
カタログによると
カイオワは「大きいトゲ」
プライマーク45は「中程度のトゲ」
と書いてあります。
どちらもとげは鋭いです。
カイオワと比較するとプライムアーク45の方が少しトゲが小さいといと思います。
お味はプライムアーク45の方が断然いいです。
糖度は昨日測ったように14.4度(すべてがこの値ではありません。お断りしておきます。)

プライムアーク45糖度2015

プライムアーク45の糖度

ブラックベリー
プライムアーク45の小さな実が少しなって熟していました。
大きいのは完全に終了したので、小さい実で糖度を測ってみました。
プライムアーク45糖度2015
糖度14度を超えました。メロン並みの甘さです。
すべてがこれくらい糖度があるということではありません。未熟では酸っぱさもありますが、熟すと完熟とまでいかなくても甘いです。かなりの数試食した感じでは糖度は11度以上あると思います。

ラベンダースティック ハート形他

ラベンダーのグロッソがいい感じに咲いているのでスティックを作りました。
普通のラベンダースティック。
普通アミ2015
スマートなものは中に何もいれないで編んだもの。膨らんでいるものは、葉や茎を入れて膨らませて編んだものです。
ハート形3種。

最初にV字型ハート。

ブイ時ハート2015
ハート形を作るには2本同じように編んで途中で交差させて編めばできます。

輪っか型ハート
これが一番むつかしい。形がうまく取れません。同じ段数編んでも太さがそろっていないと不自然になります。

輪っかハート2015
左のものは失敗作。
本命のハート型ラベンダースティック。これは案外作りやすいです。
ふっくらハート2015
右2つがふっくらハート型。ラベンダーの穂を足して膨らませてあります。

グロッソは暑さにも強く石灰をしっかり土に混ぜて植えるといいです。それと乾燥しても水をやらないことです。
我が家では北側の一番東に植えてあり、朝日が差した時だけ太陽が当たります。あとは日陰です。瀬戸内ではこれでかなり大きくなります。オカムラサキはむつかしいです。グロッソが暑い地方にはお勧めです。

ジャンボブラックベリー、カイオワ、ナバホ 糖度の高いのはどれ

ブラックベリーで今朝収穫したものを3種類の糖度を測ってみました。
ジャンボブラックべリー
カイオワ
ナバホ
3種類です。
測り方はまずお皿の中でブラックベリーをスプーンでつぶします。
つぶす20150704
次に糖度計の上で絞ります。
絞る20150704
お皿を3個、スプーンも3個、布も3つ用意しました。
測って一番糖度の低いものから順に。
ジャンボブラックベリーが一番糖度が低いです。かなり完熟して、食べても甘いと思えるものを選んで図りました。

ジャンボ糖度20150704
糖度7.8です。かなり低いです。
次が、カイオワです。カイオワはまずまず完熟といえそうなものを測りました。

カイオワ糖度20150704
カイオワの糖度は9.0です。
一番糖度が高かったのがナバホということになりました。

ナバホ糖度20150704
ナバホは10度を超えて11度の迫る所。ナバホは普通に収穫したもの。完熟させていません。完熟するともっと糖度が上がると思います。一度完熟させてみようと思っています。
プライムアーク45とオセージは収穫が終了していては枯れませんでした。
糖度があっても酸味が強いと酸っぱく感じます。ナバホなどそうです。
ナバホの糖度がこれほどあるとは思いませんでした。

ローガンベリーのふるい結果母枝を切ってしまいました

ローガンベリーの収穫が終わったので古い結果母枝を根元から切ってしまいました。
生ラズベリーの好きな我が家ではローガンベリーはいまいち人気がありません。花托が取れないことも大きな原因のようです。
ジャムにするときれいな赤いジャムができます。
そこで今年は5本あった新梢も2本残してに切りました。
ローガンベリー201507031
すっきりしました。
ローガンベリー201507032
太い大きなものだけ2本になっています。これでも枝が出てきて来年はかなり収穫できます。
キュウリネットもだれてきたので貼り直しが必要です。時々結んでいた紐を切るのにネットも切ってしまうこともあり穴の修繕も必要になってきました。新しいものに張り替えた方がいいかもわかりません。

HOME

 プロフィール 

ペンネーム YUZU

Author:ペンネーム YUZU
キイチゴとバラと色鉛筆と
猫の額のキイチゴ類の様子とバラの絵を時々
色鉛筆でバラの花を描き始めたばかりです。。

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 
 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QRコード