yuzu -キイチゴと時々バラの絵ー

キイチゴの様子時々バラの絵

ローガンベリー熟したよ

ローガンベリーが熟しました。
ローガンベリー20150531
赤が少し黒く、赤紫に近くなると完熟です。
ラズベリーのインディアンサマーのように赤くなっても収穫しないで、少し待ってとると同じように待ちます。
インディアンサマーよりもっと待ってとるとおいしいです。花托は取れません。ブラックベリーと同じです。
雨があまり降ってないので、甘みが乗って美味しいです。

異常乾燥でブラックベリーの葉が?

このところ雨が降らないで、異常乾燥です。
毎日乾燥注意報が出ています。
灌水しても庭の土は十分ではないようです。
ブラックベリーの葉が異常です。
オセージ20150529
このように巻いています。十分灌水したつもりですが、葉は元に戻りません。
翌朝になってもこのように巻いています。
いったんこのように巻いた葉は元に戻らないのでしょうか。
ラズベリーのは葉これほどではありませんが葉はだらんとしています。
今日夕方から少し雨が降るようですが、あまり期待できる雨ではないようです。

サンタナ

2季なりの赤実ラズベリー
サンタナが熟しました。
苗はサンタベリーガーデンの大苗です。
なので熟した大きさは来年もこのくらいの夏果だと思います。
サンタナ20150529
標準的なものを選んでみました。インディアンサマーより大きいか同じくらいの大きさです。
お味は前日たっぷり水をまいたので、酸味、甘みのバランス良いお味。(個人的な感想ですあしからず)
収量が多いということで期待をしていますが、シュートがあまりまだ伸びていません。
少し心配なところもあります。

庭のキイチゴ類が干上がって

数日の晴天と過度の乾燥で庭の土がからからに乾いています。
葉からの蒸散も激しいようで、ベリー類が悲鳴を上げています。
オータムブリスの太い主幹は先端まで水がいかないのか上部の幼果と葉が完全にかれています。下部の方は何とか生き延びています。
畝といってもそんなに高くないのですが、それでもだめなのですね。
秋には思い切って全体をやり直ししないと。
もう一度植直ししないといけません。
カイオワ、ナバホなどのつぼみが枯れたカラカラになっています。
鉢植えがわずかありますが、鉢には毎日灌水するので大丈夫なのですが。
日曜日には雨が降る予報ですが、少々降ったくらいではだめのようです。
今日は庭に水をまきました。かなりまきました。

以外にたくさん実がつきました

ローガンベリーに今年はどうしたことかたくさん実がつきました。
ローガンベリー20150527
本数は昨年と同じ本数です。しんくい虫が食べて、枝分かれまた食べられてと2回繰り返しました。
細い枝にはやはり実がついていません。太い幹からは長い枝ができその先に花が咲きました。
少しですが、色づき始めています。

気温が高すぎです。体が慣れていないので大変です。紫外線も強烈で目に悪いのでサングラスを買おうと思っています。
日予備には雨がちょっぴり降る予定です。
ベリーは畝を作っているので乾いて、水やりしないといけないような感じです。
ラズベリーは主幹につながる細い根が意外と浅いのでまた水切れになりそうです。
そのくせ太い根が思わぬところまで伸びて、サッカーが出て驚いています。

姫竹葉セッコク

今年も何とか姫竹葉セッコクが咲きました。
つぼみは2つあったのですが、移動しているときに当たったらしく、1輪咲きました。
姫竹葉セッコク201505262
花のアップですが、ピンボケです。姫竹葉セッコク201505261
来年も2輪以上咲くように何とか頑張ってみようと思います。

食べた甘かったラズベリーは?

スタンザ Joan Squire ミーカー オータムブリス の4品種を食べてみました。
一番甘く感じたのは オータムブリスでした。酸味があまり感じなかった。
酸味の欲しい人には物足りないかもわかりません。
他の3種は酸味がかっていました。
熟してない品種もあるのでほかの品種が甘くておいしいものがあると思います。
あくまで現在の我が家の品種についてです。
栽培されている土地柄により違いがあると思います。

ミーカー熟しました

ミーカーが熟しました。今日収穫したのですが、1日前の方がよかったようです。
ミーカー201505241
花托が果実の中まで食い込んでいます。機械収穫用に作られてというので、すぐに落っこちるかと思っていました。でもこれでは落っこちません。
花托もとってみました。
ミーカー201505242
花托もと夕が膨らんでいて、すんなり取れるようにはなっていません。
あまり崩れないような感じがします。
味の方は酸味と甘みがあり、普通のラズベリーでしょうか。香りはいいかと思います。
今回は過熟になっています。
苗のものなので来年はどうでしょうか。

2になりラズベリーの先端カットしてみました

2日前に、2季なりラズベリーのオータムブリスと品種不詳「バラの香りのラズベリー」の先端を一部カットしてみました。
品種不詳でかなり伸びたので試しにカットしてみました。

先端カット20150523
写真は2枚とも「バラの香り」です。黄色のものは樹木用のゆ合剤です。ヤマトツヤハナバチ侵入防止です。
先端部分の葉の色がすでに変わっています。
先端20150523
品種による違いがあると思いますが花芽分化はいつごろするのかよくわかりません。
ヘリテージはかなり早くからシュートの先端がこんな色です。ヘリテージは今年は伸びも悪くカットしていません。
(畝を作ったのはよくなかった)

Joan Squire とオータムブリスも熟したよ

スタンザと同時にJoan Squire とオータムブリスが同時に熟しました。
Joan Squire20150522
これはJoan Squireです。昨日写したものです。今朝収穫しましたが少し過熟気味でした。今日は山の神様が2個試食。甘酸っぱいという感想でした。枝が細いのにいっぱい実がなります。ひもで吊る必要があります。
オータムブリス20150522
ータムブリスです。丸っこいのがなります。オータムブリスは春は何もしなくても受粉します。暑い瀬戸内では秋花が7月初めに咲きます。そのため初めごろは受粉がうまくいきません。それ以外欠点はないと思います。枝も太いので、ツル必要はないのですが、やはり垂れてきます。幹の太いところから細い枝を伸ばしその先に実がついたりします。

スタンザ 熟したよ

タンザ
2季なりの赤実のラズべりー
熟しました。
花も早く咲いたので熟すのも早かったのでしょう。
スタンザ20150521
まだ苗のものなので大きさはこれくらいでしょう。明日の朝早く収穫の予定です。

何とか助かった

ブラックベリーで2季なりのプライムアーク45の新梢が何とか命拾いをしました。
1週間ほど前にみると、しんくい虫類の木屑が周りについていました。木くずを取り除き針で虫を殺し様子を見ていました。
ぷらいむあーく4520150520
かなり大きな穴が開いています。何とか命拾いをしたようで、枯れないで大きくなっています。
昨年はナバホの一番太いシュートをダメにしたので、今年は早くから気を付けていました。この程度で助かったようです。
ラズベリーは雨の間に被害にあって、シュートの先端がしおれているのに気が付き、やはりしくい虫でした。1日2日が恐ろしいです。成虫は茶色い色をした三角形の形をした蛾。コウモリガとか他にもいろいろ。

ヤマトツヤハナバチが巣をつくったようです

葉の上にまた木の粉がたくさんありました。ヤマトツヤハナバチ201505181
これはジャンボブラックベリーの葉の上です。アリではないようです。すぐ上を見ると、剪定した枝に穴が開いています。
ヤマトツヤハナバチ201505182
ずいの部分がきれいに掘られています。犯人は今年はわかっています。以前調べていましたから。
「ヤマトツヤハナバチ」です。ヤマトツヤハナバチ2014
他にもう1つ穴がありました。
ヤマトツヤハナバチ201505183
ヘリテージが春水不足で主幹の先が枯れたので切っていました。その先に穴をあけたようです。
中に卵を産みます。
NHKの教材にとても良いものがありますので見てください。以前にも書きました。

ヤマトツヤハナバチの巣


防ぐ方法があります。
剪定したら樹木用の「ゆ合剤」を塗ります。色々な名称で売られています。
わたしは昨年秋の剪定ではゆ合剤を塗っています。ゆ合剤を塗ったところは、穴があけられていません。
ヤマトツヤハナバチの成虫が来年の春に穴をあけて出てくると思うので、どんな穴が開くのか見てみようと思います。

しんくい虫のあとの穴がありの巣に

ブラックベリーのカイオワが昨年しんくい虫に食べられ、まだ大丈夫なようでそのままにしておきました。春に根元に近いほうの芽が出て花を咲かせました。雨が降り2日ほど見ていませんでした。
今日見ると葉の上が木の粉だらけです。枯れた幹なので普通の虫ではなさそうです。よく見るとアリが穴から出はいりしていました。巣をつくったようです。
枯れた主幹をほとんど切り取りました。穴からあわててアリが出てきました。殺虫剤を噴射。枯れた幹を切り中を開いてみました。アリの巣です。卵もありました。驚くことにもうすぐアリになる前のさなぎの状態のものもありました。
穴から侵入して巣をつくったのはかなり前のようです。アリがいるのはよく見かけていましたが、蜜を吸っているのか散歩かくらいに思っていました。

アリの巣201505171
アリがたくさんいたのですが、ほとんど取り除きました。
アリの巣201505172
この穴から侵入して巣をつくったようです。アリ人口が増えて、巣が狭くなったので、ずいを砕いて外に出したのでしょう。
またすぐ狭くなると思うのですが。

シロカネグモ

雨がよく降りベリー類の手入れができていません。細いシュートを抜かないといけない季節になっています。
お腹の上側(背)が銀色のクモがいました。お腹の大きさは5mm位の小さなクモです。足を延ばすと1.5cm位でしょうか。
名前は「シロカネグモ」の仲間。3種類のうちどれかわかりません。
シロカネグモ20150516
クローズアップで大きく映っていますが、実際は小さなクモです。アシナガグモ科らしくて、前の足2本、左右で4本が特に長いです。毒雲ではありません。

スタンザの新梢に花が

スタンザ(赤実の2季なりラズベリー)のシュートに花が咲きました。
このシュートは昨年鉢植えしていた時に、出かかっていたものです。そのシュートが、寒さに負けないで大きくなったものです。なので低温にあっています。そこでシュートの先端に花を咲かせたのでしょう。高さがあまりありません。70㎝位で成長が止まっています。
スタンザ20150514
秋花でなくて夏花の方が正解かもわかりません。葉柄の根元にも何個かつぼみがあります。花が咲いたあとの葉柄からはもう花が出ないのでそこからカットすることにします。来年の春花が咲くのでしょうか。
今年伸びた正規のシュートにはまだつぼみも何もありません。

我が家のブラックベリー

我が家の庭のブラックベリーのシュートの早い物3個。

第3位オセージ 3月23日
第1位 ジャンボブラックベリー
     ボイセンベリー

一番遅いのが、ウォシュタ 5月6日。
このウォシュタは昨年はシュートらしきものが出ませんでした。
この春シュートが出なければ、ナーセリーに連絡して、新たな苗を送ってもらう予定でした。これで一応安心。
購入した時期が悪いのだと思います。ウォシュタを植えたのが2014年2月おわりごろです。(25日)一番寒い時なのです。
暖かい地方は10月いっぱいには植えた方がいいと思います。まだ暖かいので、根が伸びていきます。主幹は変化ないようですが、根っこがぐんと伸びて長くなります。

我が家のラズベリー その1

我が家に地植えしてあるラズベリーのシュートが出たもので早いものから3個。

第3位 ヘリテージ 3月10日
第2位 コーホー  3月6日
第1位 ミーカー  2月28日

一番遅かったもの
Joan Squire 4月11日
以上です。
ポット植の苗でまだシュートが出ていないものがありますが、これは除外します。
ヘリテージなのですが、その後4月の晴天続きの時に水不足になりました。畝が高かったようで、太い主幹が水切れ。先端部分から中ほどまで枯れました。そこで古株を掘り起こして植え替えました。昨年の秋に株分けしたものは大丈夫ですが、本数と株分けなので大きなものはなく花がほとんど咲いていません。
秋果もあまり見込めないと思います。シュートを大きく育ててから植え替えしたほうがよかったようです。中途半端な時期はいけなかったようです。早くシュートを掘りすぎて、成長が遅いです。

「太陽」 西洋シャクナゲ

「太陽」という西洋シャクナゲが今年は大きな花をつけました。数もたくさん。
太陽20150511
この【太陽」は日本シャクナゲの小さな苗を何本か買った時のおまけです。日本シャクナゲは、1本だけ昨年まできれいに花をつけていたのですが、山の水の流れが変わったようで、水が多すぎて枯れてしまいました。根腐れです。
残ったのがこの西洋シャクナゲです。
日本シャクナゲの淡い色が好きなのです。この太陽ような強烈な赤はあまり好みではありません。
「太陽」さんごめんなさい。

初めての暖地さくらんぼ

暖地さくらんぼが、初めて熟して収穫できました。
上てもう何十年もたっています。

暖地さくらんぼ20150510
まばらになっていますが、収穫しました。3日ほど収穫できました。
かなり残して、2日ほど収穫しないでいたら、何にも残っていませんでした。落果。
斜面に植えてあるため、4月の雨が続いていた状態でここまで熟したのでしょう。ちょっと雨が降らなくなると1週間ともたないようです。
田んぼのほとりに植えてあるよそ様の暖地さくらんぼは鈴なり。やはり水がかなりいるようです。斜面は水はけが良すぎてむいていないようです。

ジャンボブラックベリーの花

ジャンボブラックベリーの花が咲きました。庭に植えているベリー類では最後の花です。一番遅い。
ジャンボブラックベリーの花20150509
つぼみの時はごく薄いピンクですが、開くと白です。花弁は8弁あります。形はラズベリーと同じようです。
時間がたつと花弁が外側にそり、細く見えるようになります。
今年は少し成長しているので、最初に咲いた花は大きな実がなるといいなーと思っています。
カイオワと同じくらいの大きさの実がなるようなのですが、先端部分の最初に咲いたものだけかもわかりません。
トリプルクラウンは山にもっていっているのでまだ咲いたいないようです。

ラズベリー 被害にあう

ラズベリーが被害にあっています。
油断というか見落としていました。
毎日根元の方を見ていたのですが。

被害20150508
最大の被害はこれです。ほとんど食べられています。脇芽が出ているのが幸いです。
中糞20150508
写真の真ん中あたりの木くずのようなものがあるとそこに虫がいます。
虫120150508
このような俗称 しんくい虫 
この写真は柄つき針の先端部分です。5ミリほどの大きさです。これくらいだとまだ葉柄の付け根あたりにとどまっています。
虫220150508
少し大きくなったのも捕まえました。1.5㎝位でしょうか。これは幹と土の境目が食べられてて、偶然捕まえたもの。これくらいだともう幹の中に入っているかも。
対策は柄つき針で木くずのようなものを取り除き、虫を殺すこと。穴が開いていたらその中に柄つき針(焼きなましてあります)を曲げて入れ虫を殺すことです。
殺虫剤を注入するかスプレー缶の園芸用殺虫剤を噴射。穴の中にも噴射。
今の季節これからまだまだ被害があると思います。油断大敵でした。

レモンの花

レモンの花が咲きました。昨年より6日早く咲きました。
レモン20150507
このレモンの花はめしべもあり受粉するかと思っていましたがすぐに落花してしまいました。
今年は2枝に偏って花がついています。レモンを残す個数がむつかしいです。
3個くらいかと考えています。

種なし柚子 多田錦 の花が咲きました

種なし柚子
多田錦の花が今年は咲きました。
昨年は花が全然つきませんでした。
種なし柚子
今年は花がたくさんついています。
受粉しても自然落果するので、しばらくは様子見です。
普通の大きな柚子より小ぶりで、果汁が多く種がない柚子です。ときに1つくらい種があることがありますが。

落し文

ラズベリーの葉が巻かれています。
落し文です。
今回のオトシブミは上手ではありません。巻き方が緩いです。

おとしぶみ201505051
っときれいにきっちり巻きます。葉を1枚まるまる使っています。葉を半分くらいに切りそれから巻いていくのが今まで見てきた落し文です。半分に切るには葉が小さすぎたのでしょうか。
中を開いてみました。

落し文卵201505052
卵が2個ありました。かなり拡大してあります。黄色いのが卵です。成虫は見つけることができませんでした。これからたびたびお目にかかるようになる落し文です。

アオスジアゲハが蜜をすいに

最近よくアオスジアゲハが蜜をすいにベリーの花に飛んできます。
アオスジアゲハ20150504
アオスジアゲハの食草はクスノキ、ニッケイ、タブの木などのクスノキ科。幼虫はこれらの葉を食べて大きくなります。ですから、我が家に飛んでくるのは、蜜を吸うため。いつも歓迎しています。
羽は広げたところを写したいのですが、低い一の花を今のところあまり吸わないので困っています。
この写真はローガンベリーの一番高いところの花の蜜を吸っているところです。
下の方も花がいっぱい咲いているので、たまには下の花の蜜を吸って少し羽を広げてほしいところです。

ナバホが一斉に咲きだしました

ナバホ(ブラックベリー)の花が一斉に咲きだしました。
昨日の真夏日が影響したのでしょうか。

ナバホ20150503
10時には完全に開いていました。
各枝の一番先端部分が一斉に咲いています。一番高いところの花が開いています。
脚立を立てて写真を撮りました。
途中の枝はまだつぼみです。
今日は昼から雨です。受粉がうまくいくことを願っています。

カイオワの花が1輪だけ特別に早く咲いた

ブラックベリーのカイオワ
1輪だけ特別早く咲きました。

カイオワ20150501
太い主幹の途中にある花です。ほかのものはつぼみでまだ固いです。これだけ特別のようです。
今年は水切れを起こさないように栽培する予定です。
雨が数日振らないようなので、水やりをしています。
果実がなってからの水切れは手痛いものがありました。
水切れ後に取れるか実はどれも果汁がなく食べられたものではありませんでした。
雨除けをしても株の周りには雨が当たるか、雨水が入るようにしないと夏の暑さで、水切れが起きるようです。

HOME

 プロフィール 

ペンネーム YUZU

Author:ペンネーム YUZU
キイチゴとバラと色鉛筆と
猫の額のキイチゴ類の様子とバラの絵を時々
色鉛筆でバラの花を描き始めたばかりです。。

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 
 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QRコード