yuzu -キイチゴと時々バラの絵ー

キイチゴの様子時々バラの絵

株の更新が手遅れで

ヘリテージの株の更新が遅すぎたようです。株分けしたものはまだいいのですが、古株がいけませんでした。
4月初めの晴天続きの時に葉が枯れていたのがわかっていたのです。その後雨が降り続いたのでそのままにしていました。ところが晴天続き。ついにダメのようなので植えなおしました。
畝を高めにしていたので、シュートがだんだん上の方から出るようになり、昨年のシュートも根っこがだんだんあらわれて地面に。今年のシュートは土のないところから出るようになりました。
参考に、グレンアンプルのシュートの様子を載せておきます。

シュート20150430
このように、土のないところからシュートが出ています。水やりをしていたら、この状態になってしまいました。ヘリテージも同じようなことになっていました。
思い切って古株を抜き取り、脇の方に生えていたシュートを鉢で育てていたので、それを植えました。
ヘリテージは鉢から抜いてまま大きな塊で植えていました。土もココピートとココハスクを混ぜたもの。そのまま土の中に植えていたのです。根がもう回ってしまっていて大変なことになっていました。
グレンアンプルも更新しないと。グレンアンプルは小分けにしたものを植えています。それでもだんだんと畝から浮き上がってきています。
ラズベリー類は地植えしていても株の更新が必要だと思いました。

オセージ(ブラックベリー)の花が咲いたよ!

ブラックベリーのオセージ。
朝方はつぼみでしたが、だんだんと開いていきました。

オセージ201504291
10時ごろの写真です。お昼には8分がた開きました。
オセージ201504292
このころが一番きれいだと思います。
色がきれいなピンク色でした。
夕方には花びらをとじています。
まだきれいなピンク色です。
完全に開いて時間がたつとどんな色になるのでしょうか。
開いてしまうと白色になるものが多いのですが。
オセージはとげなしで立性なので作りやすいと思います。
甘い美味しい実がなるようなので楽しみにしています。


Joan Squireの花が咲いたよ

四季生りで赤実のラズベリー
Joan Squireの花が咲きました。

JoanSquire20150426
花の色は御多分にもれず白色です。
果実は秋果の方が大きいのがなります。霜の降りるころまでなり続けます。収量はそこそこあります。
苗が高い・主幹が細いのが欠点。
今年は移植したのでなかなかシュートが出ないので心配していましたが、今出てきています。ほかのラズベリーに比べて、細いです。

ナバホの太いシュート

ブラックベリー
ナバホにも太いシュートが出ています。
カイオワと同じ日の4月22日に出ました。
現在2本です。
ナバホ20150425
以前出ていたシュートは細いもので、ひこばえに近いものです。
今出ているものは太く期待できるシュートです。
本数がもう少し増えればなおうれしいです。

ミーカー(赤ラズベリー)の花が咲いたよ!!

赤ラズベリー
ミーカーの花が咲きました。スタンザに続いて2番目に早く咲きました。咲いたのは4月23日です。

ミーカー220150424
花びらが開いたときの写真です。

ミーカー120150424
花びらが開く前はこんな感じの状態が長く続きます。そしてだんだんと花びらが開いていきます。人工授粉は必要ないと思います。花びらが開ききったときには受粉完了だと思います。
ミーカーは機械収穫用に開発された品種です。アメリカでは大型機械で収穫しています。
機械で収穫しても形が崩れないで、果実もしっかりしているということでしょうか。
コーホーも機械収穫用の品種ですが、ミーカーの収穫後に収穫できる品種です。

プライムアーク45の花が咲きました。ハナアブもやってきた

2季なりブラックベリー
プライムアーク45の花が咲きました。
昨日作と思っていました。花びらが出ていたのです。
でも、花びらが閉じたままでした。
今日は完全に開きました。
暖かかったので、ハナアブが蜜をすいにやってきました。

プライムアーク4520150423
プライムアーク45は昨年は甘かったので、今年も甘い実がなると思います。
雨が多かったのですが、気温があまり上がっていないので、葉も傷むことなく順調に花が咲くことと思います。

カイオワの太いシュートが出かかっています

カイオワの太いシュートが出始めました。今のところ3本です。
カイオワ20150422
昨年が5月12日でした。今年は20日ほど早いシュートです。植え替えした少し深めに植えていたのですが、はやいですね。
気温がやはり高かったのでしょう。雨ばかし降っていて、5月に入りシュートが出るものと思っていました。
これからはコウモリガの侵入に気をつけなければいけません。幹の周りがぐるっと食べられていたり。そうなる前の早い段階でコウモリガの幼虫をあの世へ送らないと。
昨年はナバホで1本からしました。今年は頑張るぞ!!

スタンザ 開花しました

スタンザ20150421
n style="font-size:x-large;">スタンザ(二季なり赤実のラズベリー)の花が咲きました。
我が家のブラックベリーとラズベリーの中では一番早い開花となりました。
まだ苗の状態の花なので来年も早いかどうかわわかりません。
スタンザを残すかそれとも山行にするかは秋花の受粉状態を見てからにしようと思います。
今シュートが大きくなりかけています。これも秋鉢植えにしていた時出たものなので、来年はどうなるか不明です。

寒さに耐えられなかったのか?

18日の朝黒いものがベリーの近くに落ちていました。
よく見ると、クマバチが死んでいました。
16日と17日の気温がかなり高く出てきたのでしょうか。
18日の朝の最低気温が我が家では4℃でした。
そのために死んだのでしょうか。

クマバチ20150419
枯れ木に穴を掘って越冬したり、孵化したりと。
例年こんなに早くクマバチを見ることはないのですが。

じじばば 植え替え

じじばば(春蘭)の植え替えをしました。
花が咲いたどこにでもあるじじばばです。
高いものは高額でしょうが、我が家の春蘭はごく普通のものです。
暖かくなりそうなので植え替えました。
鉢はEUスリット鉢です。普通のスリット鉢と同じような構造ですが、EUスリット鉢は正面からスリットが見えない構造になっています。
少しだけ大きめの鉢にしました。
用土は軽石の小粒と珪藻土を焼いた小さな粒のものにしてみました。今までは鹿沼土でした。
芽はまだ伸びていなくて植え替えの適期です。
遅いと新芽が伸びて植え替えるときに折ることがあります。
来年も咲くようにといっておきました。

オセージのシュートが少し大きくなりました。 つぼみも

オセージ(ブラックベリー)のシュートが少し大きくなりました。
オセイージ20150416
現在40㎝位です。かなり早くシュートが出たので、順調に大きく伸びています。
もとの苗にはつぼみがついています。

オセージつぼみ20150416
苗で植えたのでつぼみに数はたくさんありません。味見のために摘花しないでおきます。シュートも大きくなっているようなのであまり影響はないと思います。
美味しいブラックベリーがなると思います。

アロニア千歳 開花

北海道から取り寄せたアロニアが開花しました。

アロニア千歳20150415
かわいい小さな花です。受粉すると1つ1つ実になります。大きさは完熟すると大豆くらいでしょうか。
とても渋いです。ポリフェノールが多いのが特徴です。ポリフェノールが多く渋抜きしても少し渋みを感じることがあります
外国でも栽培されています。ブルガリアで有機栽培されたアロニアジュースが輸入されています。
私はアロニアジャムにします。日本では東北地方から北海道で栽培されています。
北海道物産展にアロニアジャムがあるといいのですがありません。

カシスのつぼみと花

カシスの花が咲きました。
まづはつぼみから。

カシスつぼみ20150413
つぼみは紫色です。このような紫色の花が咲くときれいなのですが、実際の花はあまり目立ちません。

カシス花20150413
雨で少し痛んでいます。かわいい小さな花が咲きます。
受粉できていると願っています。
ジャムが少しできそうかな!!

やっとシュートを出したJoan Squire

移植していたJoan Squire なかなかシュートが出ませんでした。深く植えなおしたのも原因の一つです。
やっとシュートが出ました。ひとまず安心です。

Joan Squire20150411
Joan Squire (ジョアンスクワイアー)(ジョンスクエア)は2季なりでたくさん実をつけます。主幹が細くそのうえ枝の分岐もよくさらに細い枝が出て対策が必要になります。松の雪吊(兼六園の)のように枝を吊る必要があります。12月になっても実をつけています。昨年は12月中旬にすべての実を摘果しました。
イギリスで改良されてパテントはありません。日本では苗が高いです。つぼみのついている状態で送ってくるので高いです。
オークションなどで安いのがあればお買い得です。

アロニアのつぼみ

小さなかわいいアロニアのつぼみです。
アロニア千歳20150410
個のつぼみを食べる害虫がいます。前にあげた、シャクトリムシの仲間です。
尺取りが20140404
つぼみの芯を食べます。花が開いても、メシベが食べられていて、実がなりません。
小さな虫ですが、恐るべきです。
アロニアだけでなくこれから、ラズベリーやブラックベリーのつぼみもメシベを食べられます。がくだけ残して、オシベ、メシベを食べてしまします。
ラズベリーなどは、丸い穴が開いていて、メシベを食べています。

今日は寒く気温が上がらない1日でした。3月初旬の気温。寒いので、たくさん着ています。

グレンアンプル 枝の先端部分のみ葉が

グレンアンプルは枝の先端部分だけ葉が開いています。
グレンアンプル20150409
先端から3芽くらいしか開いていません。もっと太い主幹部分の芽は何ら変化がありません。
暖かくなってくるとだんだんに芽が活動していき、長く収穫できると思います。
冬に逆戻りです。平年の気温に戻るのは4月15日前後になりそうです。寒冷渦がやってきそう。

ナバホ シュート?

ナバホにシュートが出たと思っていますが、間違いかもわかりません。
ナバホ20150408
昨年ナバホにシュートが出たので5月13日ですから早すぎると思います。数m南に移植しています。移植の時にちぎれて根から芽があちらこちらに出ています。(これは購入時の書類で増やせないことになっているので引っこ抜いています)その類かもわかりません。太さが例年のシュートに比べて細いです。そして植えたのも深めに植えています。シュートならうれしいです。

プライムアーク45待望のシュート

2季なりのブラックベリー
プライムアーク45に待っていたシュートが顔を出しました。

プライムアーク4520150407
昨年が4月12日でした。5日早いシュートです。昨年はこのシュートが高温と長雨によってあまり大きく育ちませんでした。
1m位までしかありません。今年はもう少し伸びてほしいです。そして、枝をたくさん出すように剪定。
2季なりブラックベリーの剪定時期がよくわかっていません。遅すぎると秋花が咲かないことになります。
昨年は育ち方が悪いので、剪定していません。
ということで今年が秋花をつけるための最初の剪定になります。

暖地さくらんぼ &「ガングリオン」

暖地さくらんぼが今年も実をつけています。どれくらい実がついているのか写真にとりました。
暖地さくらんぼ20150406
まだ小さいものもあり見ずらいと思いますが、木全体としてはかなりの数があります。これが少し赤く色づくとなくなります。鳥が食べるようなのです。

今日は手の指の爪の根元に近いところに皮膚が盛り上がり、痛くなったので皮膚科へ行ってきました。爪の付け根から5mm位のところがだんだんと盛り上がってきました。1年は経過しています。病名「ガングリオン」。
注射器の針で穴をあけて中の液を抜きました。指をよく使う人がなるようです。左手人差し指が一番ひどく、日曜日は朝から少し痛みがありました。ちいさいものが右手薬指にもできていました。
また再発するようです。
化膿菌に感染していなくてよかったです。

プチルビー(クサイチゴ)開花

プチルビーが開花しました。クサイチゴです。日本の野生のものです。
売られ始めたころは、500円玉くらいの実がなるとかで、つられて買いました。
クサイチゴと買ってからわかりました。
プチルビー20150405
道端とか日当りのいい崖の草の少ないところに生えています。
味も薄味です。大きさは1円玉くらいです。自然に自生しているクサイチゴの方が大きな実をつけます。密集しているため、枝が出にくいのでしょう、茎の先端に1つ実をつけます。そのためかプチルビーより大きいです。
ラズベリーやブラックベリーに比べて樹高もなく収量も少ないです。たくさん集めたいときは自生地に行ってとってきた方がいいと思います。
地植えすると、大変なことになります。そこらじゅうクサイチゴだらけになります。くれぐれも地植えされませんように。

虫の生態 とても奇妙に見える

暖かくなると虫の被害が増えます。第1号がアロニアの若葉に被害です。
小さな黒い落し物と、葉の先が点々と食べられています。
よく見ると奇妙な格好で尺取り蛾の仲間の幼虫がいました。

尺取りが20140404
このように葉を少し食べています。そしてどの幼虫もこの写真の幼虫と同じように立っています。2足歩行でなく糸で体と支え、吸着できる足で踏ん張っています。この状態を見たのは初めてです。
10ぴきくらいは退治しました。
新芽がおいしいのですが、害虫にはあげません。

カシス ボスコープジャイアント

カシスジャムを作ろうと植えたカシス。品種は「ボスコープジャイアント」です。
山に植えました。現在は元気の大きくなっています。
ボスコープジャイアント20150403
夏の暑さに弱いです。特に葉が夏の終わりごろから落ちてしまいます。
それでも毎年葉が開いて少しづつ大きくなってきました。
青森がカシスで有名です。カシスの摘み取り大会もあるようです。
ヨーロッパのカシスジャムを食べましたが、糖度が高いです。基準がそうなのです。ジャムの基準。
やはり自分好みの糖度にしないとと思いました。

クサイチゴ

クサイチゴの自生地に行ってみました。
日当たりのいいところが花が開いたり、散ったりしていました。

クサイチゴ20150402
実が熟すころには、他の雑草に覆われます。
他にまだ自生地があります。崖のところなので、あまりたくさん収穫できませんが、大きな(プチルビーより大きい)実をつけます。茎の先端に1つつけています。日光を求めて茎が長く伸びています。完熟を過ぎると、アリがやってきます。完熟のころを狙って収穫すれば大丈夫です。

トリプルクラウン まだ葉が開きかけ

山に植えたトリプルクラウンはまだ葉が開きかけです。
ジャンボブラックベリーも遅いと同じようにトリプルクラウンはやはり遅いです。
トリプルクラウン20140401
日当たりはそんなに悪くありません。花が咲くのも遅いし、すべて遅い気がします。
カイオワやナバホに比べるとかなり遅いです。
実が甘いということで買ったのですが、完熟しないと甘くないです。
半立性ということですが、ツル性といったほうがいいかもわかりません。
ネットを張って、誘引する必要があります。
山なのでこのまま今年は実をならせます。

HOME

 プロフィール 

ペンネーム YUZU

Author:ペンネーム YUZU
キイチゴとバラと色鉛筆と
猫の額のキイチゴ類の様子とバラの絵を時々
色鉛筆でバラの花を描き始めたばかりです。。

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 
 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QRコード