yuzu -バラと色鉛筆とキイチゴー

バラの花を色鉛筆で、キイチゴの様子も 

アロニアジャム 梅シロップを使って

アロニアジャム第3回目。
アロニアと砂糖だけでとてもおいしいジャムができます。
夏に少し酸味があるといいなーと思いました。
いろいろと試作してみました。
材料は
冷凍ー解凍を3回繰り返したアロニア
完熟梅のシロップ
砂糖
です。
アロニアと梅シロップの割合がなかなか決められなくて、何回も作りました。
たとえば アロニア300g に 梅シロップ150ml
これだと砂糖を追加しなくてもジャムができます。
完熟梅のシロップはよくあるレシピの通り
梅2kg 砂糖(氷砂糖)2kg で作っています。
この割合で作ると、さめてもかなり酸っぱいジャムになります。
でもパンに塗ると食べれます。
最終的に出来上がったのがこれです。
アロニアと梅シロップ20148312
ラベルが瓶に対して大きすぎです。
中身の見本です。
アロニアと梅シロップ20148311
詳しいレシピは下記にあります。
アロニアジャム 梅シロップを使って


自家用で食べるのならアロニアジャムでもいいと思います。ただ梅シロップが入っているので、
瓶のラベルのように【アロニアと梅シロップのジャム」】がいいと思います。
梅は健康志向の方にもいいと思います。
ラベルも作りました。
私用でどうぞ。
アロニアと梅ラベル20148311

アロニアと梅20148312

PNG形式でアップしました。
コピペでお使いを。

適度な酸味でおいしいと思います。ぜひアロニアのある方、作ってみてください。
梅シロップを作っていられる方。冷凍アロニアが販売されています。少し高くつきますが、本州の方は東北地方でも作られています。それを使うと送料も安くなります。解凍-冷凍を3回繰り返して使ってください。
北海道の方は北海道ではかなりたくさん冷凍アロニアが販売されています。また生のアロニアも販売されます。
生は必ず冷凍ー解凍を3回繰り返してください。
9月はアロニアのシーズンです。

解凍するときには完全に解凍することが必要です。

今日は晴天

予報が外れて、今日は晴天でした。予報は1日中曇り。
また気圧の谷の接近で、明日は曇り、あさっては雨の予報。
少し晴天が続いてほしいです。
ブラックベリーがなかなか熟しません。
太陽もかなり南に高度を下げてきています。
秋のスカッとして晴天がほしいところです。
お布団が干せません。家の畳も少しじめっと。
今日は一日中窓を開けて、換気して、湿気を少しでもなくそうと頑張りました。

トリプルクラウンの2番果

ブラックベリーの例のトリプルクラウン。
2番果が赤くなりました。
トリプルクラウン2014829
普通は2番花は咲かないと思うのですが、今年はなぜか咲いて、受粉しました。
雨と曇り空のもとやっとこれくらいの色になりました。
プライムアーク45より熟すのが早そうです。
9月に晴天を期待しています。

今日は長袖が必要なくらい寒いです。
外気温が午後6時で20.5度。
上空5000m付近を-9度の寒気が山陰を通過中です。

ラズベリーの秋果 熟すのが遅い

ラズベリーの秋果の熟すスピードがとても遅いです。
朝1回収穫していますが、二日に1度の収穫でもいいような気候です。
普通だと朝と夕方とらないと過熟になるころですが。
今日は我が家の温度計で最高気温が25℃です。
アメダスの日照時間が0.5時間。つまり30分でした。雨も時々降りました。
これではラズベリーが熟すことはないような。
インディアンサマーはまだつぼみです。秋果の収穫は無理かもわかりません。
インディアンサマーは栽培中止です。
意外とJoanが早くから秋花が咲きます。ヘリテージの劣らず早いです。
しかし、果実の量が少ないです。
9月になると少し太陽が顔を出すような予報です。
出も最低気温が下がっていきます。
上空の寒気が張り出してきています。

二季なりブラックベリー プライムアーク45

二季なりのブラックベリー。
プライムアーク45の秋果がなかなか熟しません。
今日も夕立があったりで、太陽が出たのは数時間。
プライムアーク45 秋果2014827
今年は花の数をかなり制限しました。
この枝では1個飲み残しました。
樹勢が弱いのか、暑さに弱いのか、管理が悪いのだと思いますが、あまり大きくなっていません。
春先は元気の良いシュートが出ていたのですが。
今年の味はあまりあてになりません。
雨ふりでどのくらいの甘さになるか、というぐらいです。
今日はかなり気温が低いところがあるようです。
寒気もさらに低いものが入り込んできています。
オホーツク海高気圧がそろそろ強くなってきたのでしょう。

種なしベリーAの糖度

昨日の種なしベリーAの糖度を測ってみました。
甘いといわれている、房の先端部分と少し甘さが落ちると言われている房のもと部分です。
まず房の先端部分。一般にこの部分が一番甘いといわれています。
種なしベリーA糖度20148261
今年は雨が多く、例年より糖度は低めでもこのくらいあります。
房のもと部分です。この部分は房の先端部分より、甘さが少ないといわれています。
ベリーAではどうでしょうか。
種なしベリーA糖度20148262
ほとんど違いがありません。
ベリーAは房の先端も房のもともほとんど変わらない甘さでした。
ブドウによっては甘さがかなり違うといわれています。
Newピオーネ等よく言われています。
また買ったとき試してみます。

種なしベリーA

種なしベリーAを買ってきました。
黒くとてもおいしそうに見えます。
種なしベリーA2014825
果汁はたっぷりあります。粒もそろっています。房もいいです。2kgの箱に4房入っています。
食べてみました。8月の天候の関係で、糖度が低いように感じました。明日糖度計で測ってみる予定です。
種なしですが、種が残っているものがあります。これも天候の関係とか。ピオーネの箱などには書いてあることがあります。「天候の関係で、種が云々。」
すっぱいのでジャムにと考えています。ジャムには最高。
ただブドウは、ジャムにして長期保存すると、酒石酸が、結晶化してジャリジャリすることがあります。
食べるだけ作るのがいいかと思っています。

短時間の豪雨

大粒の雨が空から落ちてくる。
昼から、これの繰り返し。
短時間だが。
太平洋高気圧の張り出しが弱い。
ならば大陸の高気圧の勢力が強いか。
それほどでもないようだ。
8月いっぱいは、晴天がない予報。
ラズベリーは、熟すのが遅い。
雨で、すっぱい。
ジャム向きに仕上がっている。
ただ良いことが。
ハダニの被害があまりないことだ。
秋空まで待つしかあるまい。

実生ゆず

京都水尾産のゆずの実生苗です。
少し大きくなりました。
アゲハ蝶の幼虫に食べられたところもあります。

ゆず2014823
植え替えをしないといけませんですね。鉢いっぱいになりました。
実がなるのはかなり先のことです。

トゲナシボイセンベリーの取り木にトゲがある

トゲナシボイセンベリーの取り木をしています。
今日は午後雨が上がり、トゲナシボイセンベリーの取り木をよく見ると、トゲがありました。
トゲナシでも取り木ををするとトゲが出ることがあるようです。
ボイセンベリー20148221
かなり大きなとげです。柔らかいですが、痛いです。
これは取り木取りやめ。元の枝から切り離し、引き抜いて捨てました。
もう1本取り木しています。それはトゲがありません。
ボイセンベリー20148222
小さなとげが見えますが、トゲなしといってもこれくらいのトゲはあるようです。
ボイセンベリーを栽培している人で、とげのある枝が出るようです。とげのある枝はすべて切り捨てるということです。
和菓子の栽培しているトゲナシボイセンベリーは今のところ、取り木にトゲが出たくらいで、あとはとげがありません。

久々の晴れで高温 ワインダーイエロー 秋花は?

今日は久々に晴れて、気温が上がりました。最高気温34℃。
でも積乱雲が多く、太陽が1日中出ていたわけでもありません。
明日の午後はもう雨の予報です。
ヘリテージの秋果も本格的に熟してきていますが、曇りが多く一気に収穫というわけにはなりません。
台風の風で多少、幼果が枯れたようです。
二生成りの黄色のラズベリー
ワインダーイエロー
収穫期が9月中旬から10月とありますが、我が家のワインダーイエロー、まだつぼみも何もありません。
そろそろつぼみらしきものが出ないと。
暑い瀬戸内向きではないのかもわかりません。

アロニアの実を切ってみました

アロニアの実を採りわすれたものがありました。
過熟です。
半分に切ってみました。
アロニア2014820
思った以上に大きな種があります。
ジャムの口当たりを悪くするのはこの種だと思います。
作られた方の感想に、「ざらざらする」というのがありました。
たぶん種が口当たりを悪くしたのでしょう。
アロニアの果実を煮る時間を少し長くしたいと思います。
種が柔らかく煮える必要があります。
アロニアに実を食べてみた感じでは、ブラックベリーやラズベリーのように種が気になることはありません。
ジャムにするとまた別のようです。

椿 表年?

今年は椿がたくさん花を咲かせました。
例年になくたくさん咲きました。
例年あまり受粉しません。今年はたくさん受粉して、実がたくさん生りました。
幼果の段階でかなりとったのですが、まだたくさんありました。
椿の実2014819
裏年と表年があるとは思わないのですが、このようにたくさん実がなったのは初めてです。
来年の花は数か少ないでしょうね。
今年は異常に多かったです。
このままゴミに出すのもと思い乾燥させて、ゴミに。

ヘリテージ 虫に

太陽が時々顔を出します。
今日も時々でした。
太陽が出ると、蒸散作用も盛んになります。
ヘリテージの葉のしおれたものが1本ありました。
ヘリテージ20148081
朝は何ともなかったのですが、太陽が出た昼頃です。
木くずが出ていました。虫にやられた。
ヘリテージ20148182
虫の侵入口です。
ここから入り上に上に食べていったようです。
ヘリテージ20148183
約50㎝食べていました。

今日も夕立がありました。ところによりゲリラ豪雨。
雨除けは当分必要なようです。このまま秋になる?
21日から22日にかけて、寒気がかなり南下。
中国地方は晴れマークは当分ないようです。

インディアンサマーにやっと秋果のつぼみ

今日は久々に雨が降りませんでした。
落ち葉の片づけと、ラズべりの手入れ。
2季なりのインディアンサマーにやっと秋果のつぼみができていました。
インディアンサマー2014817
昨年はほとんど受粉しなかったのです。今年は天候不順で湿度も高く、受粉するかもわかりません。
いずれ、よそへ植えかえることにしています。予定地は少し我が家と環境が違うので、遅くに、受粉して、秋果が収穫できるかもわかりません。
我が家での栽培はこの秋で終わりにしたいと思っています。

エビヅルの花

エビヅルの続編。
エビヅルの花です。
エビヅル20148161
エビヅルの花は葉柄の根元から、ツル上のものが伸びて、その先につぼみがたくさんあります。
写真では少し醜いですが、下に伸びているツル上のものがそうです。
エビヅル20148162
ツルの先端部分です。丸いつぼみがたくさんあります。
エビヅル20148164
近くにあるものに巻き付いています。
エビヅル20148163
エビヅルの花です。
エビヅル20148165受粉したもの。これから熟していきます。
黒く熟すのは、10月初めです。
日当たりがいいところはもう少し早いと思います。
雨が多く、曇りの日がほとんどの毎日です。
エビヅルのつぼみの数が少ないです。

エビヅル

エビヅルを写してきました。
木々が多い茂った、あまり日当たりのよくない北斜面にあります。
エビヅル20148151
たくさんあるのですが、肝心のつぼみはわずかです。
葉の形の色々
エビヅル20148155
代表的な形です。
エビヅル20148154
割れる部分が少なく3つになったもの。
エビヅル20148153
1枚の葉になって山がないもの。

雨が多く 今年は 蚊 が多くて困っています

今年は雨が多く、蚊がたくさんいます。
私は、蚊に刺されると、かゆいのと、刺された跡が膨らんで、直径1cm以上赤くなります。
弟はかゆくないようです。母親もかゆくないとか。
アレルギー反応がおこりやすい体質でしょうか。
蚊になれて、だんだんかゆくならないという人がいますが、
いまだにかゆくて、外に出るときは、虫よけのスプレーと長そでは必須です。
太陽が強く照っているときは蚊も影にいるのでいいのですが、最近は曇りが多く、昼間でも蚊が飛んでいます。
朝早くと、夕方はよく晴れた日でも外に出ないようにしています。
蚊がなぜか私にいっぱい寄ってくるのです。

ナバホのひこばえ

ブラックベリーナバホにひこばえが出ています。
ナバホひこばえ2014813
鉢植えにしていた時はひこばえが生えたことがありませんでした。地植えにした今年はかなり調子のよさそうなひこばえが生えました。
このひこばえから太いシュートが出るといいのですが。

ブラックベリーの収穫を終えたころから天候不順です。
今日8月13日に「日照不足と長雨に関する気象情報第1号」が発表されました。
8月1日~12日までの日照時間は例年の21%。降雨量が593%。
21日までの予報では晴天はありません。雨か曇り。

黄色いキノコ  コガネキヌカラカサタケ

台風も去り、あまりぱっとしない天気です。
植木鉢の中に見たこともないキノコが生えていました。
黄色い色をしています。
コガネキヌカラカサタケ20148121
開く前の画像。
名前は
コガネキヌカラカサタケ
小笠原や奄美大島などで見られる、熱帯産キノコ。
もう少し開いたものの写真。
コガネキヌカラカサタケ20148122
このくらい額た時が一番きれいです。
写真を撮ったときは毒キノコらしい。色が派手なのは要注意ですから。
使っている用土は、ヤシの実をくだいた「クラッシュハスク」たす「すくすく」
「スクスク」という土壌改良剤はキノコを栽培した後の菌床や牛糞やいろいろ含まれています。。
今まで白いキノコは生えたことがありますが、黄色いキノコは初めてです。
写真を撮り、あとは大型のピンセットで廃棄処分としました。
まだ生えてくると思います。その時はまた報告。

ラズベリーの雨除け

台風が去り、台風一過の晴天を期待していましたが、残念ながら、晴れたり曇ったり、一時雨。
ラズベリーの遮光ネットを張るのは見合わせました。日差しが強くなく、曇っている方が多かったです。
また今週雨が降る予報があります。そこで雨除けだけにしました。
雨除け2014811
ビニルの幅を半分に切りました。3mで夏果の時は雨除けをしていました。3mだと地面から70cm位までは十分に覆いができます。秋果は茎の先端部分にたくさんついていて、1.5mでも十分雨除けになると思っています。
秋果がなっているのは、Joanさん、オータムブリス(わずかしか秋果なし)、ヘリテージの3種です。
オータムブリスは依然受粉作業をしないといけないようです。
インディアンサマーはまだ花がありません。

台風通過後

台風11号が通過しました。
強風圏に入っていた夜中の方が風雨ともに強かったです。
コースが、我が家より東にかなりそれたため暴風圏に入っていても雨、風あまりなかったです。
台風の中心から東側にいるか、西側にいるかで大違いのようです。
少しラズベリーの葉が落ちた程度の被害でした。
落ちたラズベリーの葉2014810
この程度で、緑の葉があちらこちらに落ちていました。
果実は落ちませんでした。しかし雨にぬれました。
今日の午後3時ごろから太陽が出て今は、果実は乾いています。この後どうなるでしょうか。
明日は、遮光ネットを又張る予定です。

台風でラズベリーの雨除けをとる

台風11号接近中。
ラズベリーの雨除けをとりました。
雨除け2014809
ヘリテージの果実がたくさんあります。どのくらい風で葉や実が落ちるかわかりません。速度が遅いので、かなり被害が出るかもわかりません。
また、大雨も警戒。

季節外れの低温です

現在22時です。気温20度。
寒いです。
最高気温が11時前で30度。
それから気温がぐんぐん下がり14時には24度。
18時には21度。
台風接近に伴い気温が下がってきました。
台風11号は高知県に上陸して、岡山県に再上陸のコースです。
皆様雨と風と高潮にご注意を。

レモンの夏枝とこんくらべ

芽をかいても、かいても出てくる夏枝。
レモン夏枝2014807
同じ先端から何回も夏枝が出てきます。夏枝とこんくらべをしています。
いつまでも出てくるようです。秋になっても。
今日から残暑。西日本はこのところ雨で、晴れがあまりありません。
また台風がやってきています。四国に上陸中国地方に再上陸。日本海へ。
気象庁の台風進路予報とJTWC(Joint Typhoon Warning Center)の進路予報が一致。(15時の位置が少し違うだけ)
台風に備えてラズベリーの遮光ネットを取り外しました。

アロニア 収穫

アロニア千歳の実を収穫しました。
完熟になるのを待っていたのですが、虫が食べ始めたので収穫。
完熟になるとおいしいのか、虫が食べているのがあります。
少し早いのもあったのですが、すべて収穫。
白く見えるのはブドウなどに見られる、「ブルーム」です。
アロニア千歳の実2014806
小さな苗から植えて3年目くらいなので、収量は少ないです。
粒も大きく完熟を食べてみると甘いです。もちろん、ポリフェノールの関係で渋みがあります。
アロニアはポリフェノールがブルーベリーの3倍以上あり、完全に渋みを取ることはできません。
急速冷凍(最新式の)がいいようなのですが、家庭ではなかなか。
ジャムにするのが一番です。
買って食べでよかったのが、千歳森林組合の「アロニアジャム」と新潟県で販売されている「アロニアと梅のミックスジャム」です。
北海道展があるたびに見ているのですが、アロニアジャムがやってきません。
アロニアの冷凍果実が販売されているところがあります。それを買って作るのもいいと思います。


ヘリテージ秋果 収穫

ヘリテージの秋果を収穫しました。
大きさ
ヘリテージ秋果20148051
普通サイズでしょうか。
重さヘリテージ秋果20148052
2.8gです。
形のいいのが多いです。この時期、虫が多くて、幼果を食べています。
見つけ次第摘果しています。
甘さは雨ふり続きでいまいちです。
今日も曇り一時小雨。
オータムブリスは相変わらず受粉しません。
寒い地方がいいのでしょう。
秋田県あたりではどうなのでしょうか。
受粉作業をしないといけないような状態では、とてもいいとは言えません。

ラベンダー 濃い紫の鉢あげ

ラベンダーの濃い紫を挿し木していました。
ラベンダーの挿し木20147262

雨がよく降り続いていて鉢あげを伸ばしていました。
久々の曇り空。濃い紫を鉢あげしました。
濃い紫2014804
挿し穂を取った時期が悪く、大きいのやら小さいのやら。
挿し穂の根っこが出るところは、新しく伸びたところと古いところの境目あたりから根が出てきます。
なので、春の終わりごろがいいと思います。
鉢あげ後水をやりすぎて枯らしてしまうことが多かったので、植え替えの時はたっぷり、その後は乾かし気味に。

ヘリテージの秋果熟し始めました

二季なりラズベリー
ヘリテージの秋果が熟し始めました。
ヘリテージ秋果熟し始め
収穫するにはまだ早いようです。
秋果は香りがよく色もいいので、ジャムにするとラズベリー特有の香り豊かならずべりジャムができます。
種は粉ふるいで濾して、店のないジャムにします。
今年はシュートがたくさん出たので、秋果の収量も多くなりそうです。
冷凍室が満杯です。
ブラックベリーはジャムにして、あちこちに配りました。
それでもまだ残っています。
自家用のジャムも少し確保しています。
今年は美味しいブラックべりジャムを作ることができました。
もう少し改善の余地がありそうなので、レシピはまだ載せていません。
ラベルは作っています。

灰色カビ病菌 分生子柄 と 分生胞子

よくわからないものがあります。
はじめは「卯の花」と思っていました。
糸のようなものの先に卵のようなものがたくさんあります。
灰色カビ病の
分生子柄と分生胞子らしいです。
これは初めて観察しました。
間違っていたらごめんなさいです。
灰色カビ病菌2014802
今回は縮小率を下げて少し大きい画像を載せています。クリックして拡大してみてください。
クローズアップしています。
1ミリあるかないかです。
ブラックベリーのチャホコリダニの被害にあった葉を1月ほどそのままにしていました。するとこのような状態に。
この時は雨除けのビニルを天井部分だけしていました。風通しが悪いのがよくないようで。
昨年はこれはなかったと思います。

作業手袋で取り除いたので、胞子があたり一面に。
今日明日と雨のようなので、緑の葉が白くなりませんように。

HOME | >>

 プロフィール 

ペンネーム YUZU

Author:ペンネーム YUZU
バラと色鉛筆とキイチゴ
色鉛筆でバラの花を描き始めたばかりです。
猫の額のキイチゴ類の様子も時々。

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 
 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QRコード