yuzu -バラと色鉛筆とキイチゴー

バラの花を色鉛筆で、キイチゴの様子も 

オータムブリス 二季なり赤ラズベリー

オータムブリスの収穫があと数個になりました。
5月27日に収穫する前の写真です。
苗なので気が小さいです。その割にはたくさんなりました。
オータムブリス2014527
最初の糖度がどうも怪しいことに気が付きました。写真をとっていなかったので記憶間違いかもわかりません。7.6度というのはなかったことにします。何回か図っても7度を超えることがないので、最初のものは怪しいです。
6.7度くらいでしょうか。低いときは6.1度(雨上がりの時)。いずれにしてもオータムブリスの夏果は酸味が強いです。その代わり、香りがいいと思います。
Joan○○よりはるかに香りがいいと思います。
Joan○○もたべてみました。これはまた今度の機会にします。
オータムブリスですが、残り数個になりました。お天気がこのところよいので、糖度はどうなのか、再度図ってみようと思っています。
猛暑バテされていませんか。体が慣れていないので、この暑さについていけません。
水分補給をたびたびして、畝と畝の間の暴走シートの掃除をしましたが、とても暑かったです。
皆様もお気を付けください。

粘着トラップ 新しいものを買ってみました

黄色の粘着トラップがなくなったので、違う会社のものを買ってみました。
特定の虫にはよく取れるようなので決めてみました。
以前使っていたものと今回のものを並べて写しました。
粘着トラップ2014530
左がペタットイエロー。つるして日にちがたっているので虫がついていますが、今回虫の数は比較できません。
右が今回勝った「虫バンバン」
Newムシバンバンという改良品もあるようです。ワイヤーにひっかけやすくしてあるようです。
今回はNewが付かないもの。
紙ば分厚くしっかりとしています。両面粘着します。
色が少し薄いです。
結束帯が20本ついてきます。
粘着力は強いようです。
20枚入りです。お値段は税込1260円
2000円以上送料無料のところで、2袋かいました。
おまけに虫恋いこいのブルーの見本をもらいました。
今回は黄色粘着トラップ果たして結果はどうでしょうか。

スズランの実

スズランに実が1房に4個付きました。
1個付くのはよくあるのですが、4個は珍しいので写真に収めました。
スズランの実
私なりにかわいいと思っています。
種をとるつもりはありません。
花の数が多い種類のスズランということで買ったものです。
株を充実して、ほんとに花の数が多いのか見たいと思っています。
昔からあるスズランは庭のブロックの周りに植えてあります。
それより花の数が多いらしいのですが、まだわかりません。

レモンの花 2種類

今年はレモンの花でまともに残ったものが今のところ1個です。
落花したものを見るとおかしいです。
花にはめしべとおしべがあり、柱頭があるものと思っていました。
レモンの花はそうでないものがあるようです。
まず正常な花 「完全花」というようです。
レモン花20145282
このように柱頭が花の真ん中にありでています。
今年はこの花で2個目です。もう少しつぼみがあるので、完全花があるかもわかりません。
もう一つの花。
柱頭がないものがあります。
レモン花20145281
このように柱頭がありません。『不完全花』というようです。
不完全化は受粉できないので、落花します。花びらが落ちてまだ枝についていてもやがて落花。
今年はこの落花する不完全花が多かったです。
昨年の管理と、肥料といろいろわからないことだらけです。
今年の目標レモン3個に届くでしょうか。

あまーい草イチゴはいかが

今年最後の草イチゴ。
ほとんど過熟になり落果しました。もっと早く取りに行けばよかった。
草イチゴ2014527
斜面なのでとるのが大変ですが、たくさんあります。
過熟のものは蟻が中にいます。
雨でホコリが払われたので、少しとってきました。
草イチゴのみ2014527
ラズベリーと同じくらいありますが、花托が大きいので空洞が多いです。
重さを測り忘れました。
スイカくらいの甘さでしょうか、糖度も図ってみました。
草イチゴの糖度2014527
メロンが14度くらいですから、キイチゴにしては甘いと思います。群生していて、そのため脇の枝が伸びないものが多いです。てっぺんに1個なっている感じです。だからでしょうか、結構大きいです。
雨上がりで水分が多かったように思います。
晴天が続いてとるともっと甘いかも。
これを鉢で栽培したことがあるのですが、地植えの自然のものにはかないません。
大きさの点で負けます。
草イチゴは今年は栽培していません。自然のものをいただきです。

粘着トラップ

粘着トラップを今年もつるしています。
黄色。
粘着トラップイエロー2014526
青色(ブルー)
粘着トラップブルー2014526
なくなったのでお店を探したのですが、メール便で送ってくれるところが閉店。
ほかの商品にするときは注意が必要です。
黄色でも、微妙に色が違います。それによって虫が他の商品の半分くらいしか取れないものもあるようです。
「黄色粘着トラップ」で検索して、ある特定の害虫に対してですが。
私も、4種類ほど試して、今使っているのが一番よく取れるのでこれにしています。
ペタットイエローとペタットブルーです。
ブルーはアザミウマ用らしいですが、イエローでもアザミウマが取れます。
今回他の製品に変えてみようかと考えています。

申し訳に咲いたトリプルクラウン

トリプルクラウンが突如咲きました。
トリプルクラウンの花2014524
ブログに、トリプルクラウンはまだ固い固いつぼみ。いつ咲くのやらとかなんとか書いた翌日(昨日)突然申訳のように花が咲きました。たった1輪、お昼ころほころび始めて、夕方までに開花。(心が読まれたか?)
今日は最高気温が29度くらい。で開いたのが、5輪。計6輪です。
苗の売り言葉は早く収穫できる。○○より1週間収穫が早く、大粒で甘い。
売り言葉を信用して買った翌年は確かに甘かったです。収穫はそーフリーとほとんど同じ時期。ソーンフリーよりは大きい程度。
大きさを求めるのならカイオワかジャンボブラックベリー。
熟すのもカイオワやナバホは収穫が終わろうとしている頃です。
昨年はすっぱかった。それに梅雨に入り日差しも強くなり、果実が白黒まだらに。果実が日焼けすると白くなることが去年わかりました。今年は遮光ネットが必要です。
カイオワは収穫終了という時期にトリプルクラウンは遮光ネットというようになるので少し困ります。
あまり甘くないと栽培中止です。山に小さな苗を植えてみました。放任栽培にする予定です。
半立性なので、枝が地面についてそこからまた茎をのばした繁茂?となると困るのですが。
猫の額の庭には向いていないかも。ゴーヤーの代わりに植えるのならいいかもわかりません。
ゴーヤーの代わりにするのは、ローガンベリーがおすすめ。

  

オータムブリス収穫

オータムブリスが熟しました。
オータムブリス熟す2014523
収穫してお味見しました。
大きさですが、オータムブリス大きさ2014523
2㎝少々位の丸い形です。
色は濃い赤少し暗め
中の花托を取って重さを測りました。
オータムブリス重さ2014523
2.4g位です。これが特別に大きいというわけではありません。
糖度も図ったのですが、ガッカリです。
デジタル糖度計で 7.6度
おかしいと思って0点を設定しなおし、再度図っても同じく7.6度。
食べるとかなり酸っぱいです。香りはいいと思います。
生食にはどうでしょう。
ケーキの飾りには形がいいですよ。
梅雨入り前にすべて収穫できそうです。
同時くらいに咲いた、ヘリテージはまだまだ熟しません。
明日また1個収穫できそうですが、もう少し熟したほうがいいのでしょうか。
まだ木が小さいので、本当の味は来年以降だと思います。
早く収穫できるところがよいところ。

ウォシュタ 花は咲いたよ!シュートはまだだよ!

ウォシュタ
ブラックベリー とげなし 直立性
の花が咲きました。
我が家では2番目に遅い開花となりました。
まだ咲いていないのはトリプルクラウンの実です。トリプルクラウンはまだ固い固いつぼみの状態です。いつ咲くのやら、5月中に咲けばよし。ではだめなのですが。
ウォシュタの花
ウォシュタの花2014523
花粉まぶれになって、せっせと蜜と花粉を集めています。
ヤマトツヤハナバチのようです。
ウォシュタのシュートがまだ出ません。
よってこの花を残して、ほかのつぼみはすべて、摘花しました。
どうしてシュートが遅いのでしょうか。そんな種類のものかも。
まだ木が小さく、シュートが準備できていないのか。

彼女はスキーナがお好き!!

赤みのラズベリー
スキーナトップの果実に卵が産み付けられていました。
それも1果に1個ないし2個。ほとんどが1個です。
卵2014522
かなりアップしてあります。
1ミリくらいの楕円形のたまごです。
すぐ隣にはヘリテージとかインディアンサマーがあります。でも卵があるのは、なぜかスキーナだけ。
ピンセットでほとんど取り除きました。
そのとき1匹だけ虫がいました。
虫2014522
ラズベリーについている小さな卵が孵化したものかどうかは不明です。
そのため残りのたまごを見つけて、水切りネットをかぶせました。
ネット2014522
目がかなり小さいので、成虫になれば逃げだせないと思っています。
果たして成虫になるまでうまくいくでしょうか。ネットの口は輪ゴムでくくっています。
いろいろと調べたのですが、どんな害虫かわかりません。
アザミウマではない。と思います。
コウモリガ? タバコガ?それともほかの蛾?

クモにかみつかれた甲虫

クモが、甲虫の翅にかみついていました。
クモ対甲虫
黒いものが動かないでいるので、近づいてみました。
クモが甲虫の翅をかんでいます。
時間が止まったように同じ状態が続いていました。
その後はどうなったのかまだ見ていません。
朝までには両者ともいなくなるのでは。
アップして、かみついて様子もとっているのですが、気持ちが悪いといけないので載せません。
クモの巣はないようです。
キハダカニグモ?

ナバホとカイオワ

ローガンベリーは受粉するとがくを閉じる。
ブラックベリーのナバホとカイオワです。
ナバホから
ナバホがく20145201
受粉してしばらくたったもの。中に緑の果実があります。
がくは完全に下を向いています。
ナバホがく20145202大きくなってもがくは下を向いたまま。
カイオワはどうでしょうか。
カイオワがく2014520
受粉直後はがくは下を向いています。
少し大きくなるとがくは水平まで上がってくるようです。
真ん中のは受粉してだいぶたっています。
すでにジャンボになる片鱗をうかがわせています。
これから大きくなっていきます。

柚子のトゲの剪定

種なしゆずの春枝のとげが伸びてきました。
柚子のトゲ2014
このままにしておくと、固くなり刺さると痛いです。
今日はこのとげの剪定をしました。
うっかり葉を切り落としたりすることもありました。
昨年も、今年も花が咲きませんでした。
おととしたくさん実をつけて、春の枝が全然伸びなかったのが原因です。
今年は春枝がかなり出たので、来年は何個か収穫できそうです。
木の形があまりよくありません。日光の当たるほうが、枝がたくさん出て、いい形になっていません。

ワイルドストロベリーの頂果

ワイルドストロベリーの収穫2回目です。
頂果の大きなのが収穫できました。
頂果は一番最最初に花が咲き実がなる部分です。そこから枝が2つに分かれ、さらにに枝分かれしていきます。
ワイルドストロベリー頂果20145181
どれも頂果ですが、真ん中の頂果が一番大きいです。
ワイルドストロベリー頂果20145182
収穫のタイミングがあります。
普通のイチゴのように早く収穫しないで、全体が赤くなって、さらに1日か2日おいて収穫します。すると、おおきさもおおきくなります。色が深紅に近い赤になるまで収穫しないのが、コツです。
プランターに3株植えておくと株別れして、どんどん増えていきます。ランナーのでないタイプのワイルドストロベリーがおすすめです。
釣り鉢もできます。今年は作っていません、2年ほど前はたくさん釣り鉢を作りました。
5号鉢くらいの小さな鉢に1株植えて,おけばいいのです。水やりが毎日大変なのでやめています。
花茎ごとはさみで切り取り、洗って、へたを取って、冷凍して保存します。
200gから500g位たまるとジャムにします。
ワイルドストロベリージャムを販売しているところがありましたが、お値段が高すぎます。
自家製のワイルドストロベリージャムを作りましょう。
レシピは下記を参考にしてください。昨年改訂版載せました。

ワイルドストロベリージャム

春のワイルドストロベリーでジャムを作るのが一番いいと思います。
大きな果実が収穫できるからです。
初冬まで花が咲き果実がなります。夏暑いとき受粉がむつかしいです。そして果実が小さくなります。
種の数は変わらないので、種ばかり目立つジャムになります。こうなると、粉ふるいで種を濾さないといけなくなります。
春のワイルドストロベリージャムが超おすすめです。

戸内海国立公園指定80周年記念 2014年春 「瀬戸大橋スカイツアー」

戸内海国立公園指定80周年記念 2014年春 「瀬戸大橋スカイツアー」
に当選したので行ってきました。
やく180mの塔に上ります
瀬戸大橋のゆるキャラ 「わたる」
わたる2014
交代で右の女性が中に入るとのこと。
3色あるようです。
ピンク 黄色 グリーン(青みがかった)
趣味はドライブ 特技がダンスとか
少し階段を登って最初のエレベーター(ゴンドラ)で鉄道部分まで登ります。
ゴンドラ1
定員10名くらい。1回に15名プラス職員3名で30分おきに出発するようです。
ゴンドラ2
左上に人がいます。あそこまでゴトゴト音を立てて登ります。レールを噛みながら、登ります。
鉄道の歩道
鉄道わきの歩道(作業用)を歩いて、道路部分まで階段を上がります。
それから今度は普通のビルにあるようなエレベーターに乗ります。これは小さく場所も狭いので写せませんでした。
5Fから乗って10F頂上でおります。1Fは海の中とか。
東西の塔をつなぐ橋桁の上に上ります。
橋げたは広いので安心して眺めを見ることができます。
香川県側20141
四国香川県側です。
岡山県側20141
本州岡山県側です。
下は与島の駐車場。ここへ集合しました。
秋のほうが水蒸気が少なくきれいだそうですが、秋は当選しませんでした。
またチャレンジします。

ローガンベリーとブラックキャプ

ローガンベリーは受粉したとがくを閉じることがわかりました。
ローガンベリーがく2014

受粉する前はがくは花の軸のほうにかえっています。
左の花を見るとよくわかります。
受粉後は中央のように額が閉じられます。ローガンベリーのがくは長いので中のめしべの塊がほとんど隠れています。
ブラックキャップもがくを閉じます。ブラックキャップ学014
ブラックキャップの額は短いので、完全に覆いきれていません。

果実が大きくなるにつれてがくが押し上げられて中から果実が見えてきます。
他のベリーはどうなのでしょうか。

シュートが食べられた

2季なりの赤ラズベリー オータムブリスが調子よく太いシュートを出していました。
2本目の太いシュートが、先端の成長点からかなり長く食べられていました。
気が付くのが遅すぎです。
2本目が出ていたのはわかっていたのですが、3日ほど見なかったらご覧の有様です。

被害2014514
わかりやすいように、被害の部分を残して他を彩度を落としました。
これだけ食べられるともう上に伸びていけません。
1本目はかなり伸びて大丈夫ですが、この2本目がやられました。
大きな黒い落し物があったので見るとこのありさま。
敵は退治しました。
もう1本細いのが出始めています。
太いのは1本だけとなりました。
とげがかなりありますが、柔らかいのでしょうね。

レモンの花

レモンの花が昨日あたりから咲き始めました。
レモン2014514
受粉する前に落花してしまいました。
この写した花も落花しました。
急激な気温の上昇かそれともまだ気温が低いのでしょうか。
まだつぼみがあるのであまり心配はしていません。
小さな果実がついても自然に落下することもあります。
今年の収穫目標は2個から3個。
木がまだ小さいのでこれくらいで十分すぎると思います。

プチルビーの糖度

プチルビー(草イチゴの改良種?)
が熟したので糖度を測ってみました。
プチルビー2014513

デジタル糖度計で測りました。
3個よく熟れたものをスプーンですりつぶしました。
思ったほど果汁がないです。
何とか測りました。
糖度10.7でした。
薄味の甘さです。
この写真は完熟か過熟気味です。
これくらいのを3個。
今年はジャムにするほど大量にとれません。
株が古くなり植え替えしたので、少しです。

カイオワのシュートがやっと出ました

去年鉢植えのカイオワのシュートが出たのが、4月18日。
今年は地植えしたので遅かったのか、今日やっとシュートがのぞきました。
カイオワ2014512

今年は出ないのかと心配していました。
出ないと、栽培できなくなります。
何本か出てほしいです。

クマバチのホバリング 何とか写りました

毎朝クマバチが、縄張りを見張りきやってきています。
低く下りた時を狙って、写してみました。
およそのところでシャッターを半押し。
やってきたところで連写。うまく入っていればよし、入っていなければはずれ。
1枚目。
ホバリング12014

すれすれではいていました。
何回か失敗を重ねて、何とか写っているものを載せます。
ホバリング斜め2014

斜め前くらいの姿勢です。
ホバリング横2014
横から見るとこんな感じです。

ホバリング後ろ2014
後姿です。

ホバリング52014
羽が4枚のうち2枚は何とか止まります。
これが限界でしょうか。
1秒間に10コマくらいの高速連写です。


上空から見張りのホバリングをするクマバチ

5月に入り上空をホバリングしているものがあります。
クマバチの雄が、縄張りを見張っているようです。

ホバリング20145082
高いのでピントが合ってるのかあっていないのか。
結構かっこよくホバリングしています。
敵の雄が来るとご出動になります。
追い払いまた帰ってきます。

ホバリング20145081
時々私の上空にやってきます。形が違うので、何もしません。
2m位まで下りてくるので、それを狙って、連写するしかありません。
雄は針を持っていないので別に怖がる必要はないと書いてありました。
クマバチ自体襲ってくることはないと思います。

ベリーの被害

今年はつぼみを食べられる被害が目立っています。
被害20142
このようにつぼみが食べられます。めしべの部分が食べられて、だめになります。
被害20141
これは半分つぼみがなくなっています。
気が付かないとつぼみがなくなり、害虫らしきものがいます。
色が白い幼虫です。成虫の名前はわかりません。
たくさん食べられました。
ブラックベリーやラズベリーに共通の害虫です。

敵は低空飛行でやってくる

毎日アゲハ蝶がやってきます。
やってくるコースが2つか3つくらいあります。
いずれも低空飛行でやってきます。
離れたところを低空でひらひら。ゆずやレモンの葉には目もくれないかのように。
そして、低空飛行のまま、ゆずやレモンに近づきます。
今回はレモンの写真です。

低空飛行のアゲハ蝶2014
右中の少し下、赤丸をつけているところにいます。
これから上の上がっていきレモンの葉やつぼみにも産卵します。
今日は卵からかえったばかりの、幼虫が5匹くらいレモンとゆずを合わせて捕獲。
緑の上に1ミリくらいの黒いものがいるのでよく目立ちます。
まだ取り忘れた幼虫がいると思います。
毎年のことですが、葉も小さいし、木も小さいのにたくさん卵を産み付けていきます。
多いときは、5匹くらいが群れあっている時があります。

ヤマトツヤハナバチ と 対策

ヤマトツヤハナバチが今年もやってきました。
ヤマトツヤハナバチ2014

枯れ枝や枝の適当な大きさのものに穴をあけて、卵を産んでいきます。
昨年はラズベリーの剪定後の枝に卵を産んでいました。(後でわかった)
ヤマトツヤハナバチについては昨年も紹介したのですが、NHKの映像を今年も紹介します。

ヤマトツヤハナバチの巣


昨年の画像を1つ載せます。
ヤマトツヤハナバチorキトビツヤハナバチ
これはあらかじめ殺虫剤(虫が何かわからなかったので)であの世に送った後割ってみました。その前は割りかけると黒いものが飛んで逃げていきました。
そこで今年は対策をとりました。 原石さんのアイディアをもらいました。
木材癒合剤を剪定後に塗り、切り口をふさぎました。
切口対策2014
うまくいくでしょうか。
映像を見る限り、ヤマトツヤハナバチの歯?は鋭いようです。穴をあけられるかもわかりません。

黒いラズベリー ブラックキャップの花

ブラックキャップ 商品名ではありません。
黒いラズベリーです。
5月に入り、ラズベリーやブラックベリーの花が次々と咲きだしました。
そのうちの1つです。

ブラックキャップの花2014503
最初から花弁は白です。。
熟すと黒くなり、甘いラズベリーです。丸い形をしています。重さが、2.5g前後。
真ん中から咲いていきます。
トゲがあります。
直立性のようですが、先端を切り成長を止めると、枝が伸びていきます。誘引が必要になります。
黒いといっても、赤紫を濃くした色の果汁が出ます。

プライムアーク45の花が咲きました

期待の星
プライムアーク45
の花が咲きました。
まだ苗なので、あまり実はならさないほうがいいと思います。
もう1輪くらい花が咲いてもいいかな。
プライムアーク452014503

大きな花びらです。
つぼみの段階から白です。
カジイチゴの花びらが大きいですがそれを思い出させました。
お味はどうなのでしょうか。
秋果のほうが甘いということですが。
夏果も甘くあってほしいですね。


私がカイオワとナバホを買った時の値段がありました。
1本3800円でした。
現在は値下げされています。
1本1800円となっています。

ナバホのはながさきました

ブラックベリー
ナバホもカイオワに1日遅れて咲きました。
昨年はカイオワとナバホは同じ日に咲いています。

ナバホ20145021

ナバホはとげなし、直立性のブラックベリーです。
カタログでは糖度が一番高かったようなのでその魅力で買いました。
カイオワの魅力は果実がジャンボ(世界1)とありました。
ナバホは昨年肥料の関係もありあまり甘くありませんでした。
その前の年は、甘かったのですが。
今年は有機肥料で育てています。
甘い果実がなるとうれしいです。
大きさはカイオワの3分の1くらいと思えばいいかも。

カイオワ(ぶらっくべりー)の花が咲く

なかなか咲きそうで、咲かなかったカイオワの花が咲きました。
ブラックベリーでとげがあります。
カイオワ開花20145011
咲き始めはピンク色です。花びらが開いてしまうと白色になります。
カイオワ開花20145012
今回は一度にたくさん咲きました。
収穫は6月15日前後からになると思います。
花が開いたのは昨年より4日早いです。収穫は気候がかなり左右します。6月中旬と思っておきます。
果実は、大きく、甘みもまずまずといったところです。種がやはりブラックベリーは大きいです。カイオワやナバホはソーンフリーほど種が大きくはありません。

HOME

 プロフィール 

ペンネーム YUZU

Author:ペンネーム YUZU
バラと色鉛筆とキイチゴ
色鉛筆でバラの花を描き始めたばかりです。
猫の額のキイチゴ類の様子も時々。

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 
 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QRコード