yuzu -バラと色鉛筆とキイチゴー

バラの花を色鉛筆で、キイチゴの様子も 

害虫さがし

暖かくなると、害虫が増えてきます。
葉の上の落し物を探します。
落し物もいろいろあります。
つぼみの小さいのが穴の開いたものも。
黒い粒粒のものも。
そしてその上あたりをよく調べます。
見つけるときと見つからない時があります。

20144301
今回は黒いものと少し白黒マダラの2個が落とし物。
落し物の上のつぼみに敵がいます。
ぼやーと映っているのが敵です。
このようにはっきりいればいいのですが、よくわからない時が多いです。

テングチョウのたより

テングチョウ2014323
テングチョウ といいます。よろしく。
3月23日yuzuさんちの庭でとらえられました。
名前もわからないらしい。
でやっとわかったようです。
日本にはわたくし1種類しかおりません。
わたくしの子供(幼虫)の食べ物はエノキの葉でございます。
決してyuzuさんちのキイチゴ類はたべません。
食べる葉が決まっているのです。
寒い冬は木陰の暖かいところで、この姿で、冬越しをいたします。
どうして「天狗」と不思議がられます。
羽を閉じたところを真横から写真を撮っていただくとお分かりになるかと。
ではまたお会いしましょう。
yuzuさんさようなら

オータムブリス 花が咲きました

オータムブリス(二季なりの赤ラズベリー)の花が咲きました。
このところ25度前後最高気温があり、暑い日が続いていました。
夏果の花が開きました。

オータムブリス開花2014427
ヘリテージと違って、花も普通に大きいです。ヘリテージの夏花が小さいのです。
秋田大学の「国産ラズベリーの栽培と流通の手引き」PDF によると
大潟村で栽培した結果が記載されています。
ヘリテージは秋果の収量が多く、夏果は記録がない。ということは、夏果のなる結果母枝は切っているらしい。(私の想像)
オータムブリスは夏果の収量が多く、秋果の終了は少ない。

秋田県横手市では意外と面白い。
オータムブリスの秋果の終了がダントツに多い。(夏果の記録がない)つまり秋果=夏果のような感じでしょうか。(これもわしの想像)
夏果のはずのスキーナトップが秋果の収穫になっています。
秋田県横手市は雪が多く、「かまくら」で有名ですよね。
ヘリテージは夏果と秋果の記録が載っています。
どうなっているのかよくわかりません。
山形県新庄市の記録もあるのですが、積雪により、結果母枝が折れ夏果の調査ができなかったとあります。

こちらは暑い瀬戸内なので、比べることはできませんが。
ヘリテージは秋果の収量がおおい。
オータムブリスについてはまだよくわかりませんが、つぼみも多きく、夏果が多いような気がします。
オータムブリスはまだ推定です。
暑い瀬戸内に向いたラズベリーは何がいいのか、模索中です。

実生ゆず 発芽

京都水尾のゆずを食べた?使ったとき、種をまいていました。
やっと発芽しました。

ゆず双葉2014425

ゆずの双葉にはピントが合わなくて、どれもピンボケしています。
実生ゆずを食べてみたいと思いまきました。
桃栗三年柿八年ゆずの大馬鹿18年
というのや
桃栗三年柿八年ゆずは9年で成り下がり
というのもあります。
9年では果実はできないようです。
いつから9年で成り下がりになったのかわかりませんが。
ゆずをカラタチ台木に接ぎ木すると寿命が短いのです。
実生ゆずの古木は100年以上のものがたくさんあります。
それから取れて柚酢は一味違うとか。
買ったことがないのでわかりませんが。
どこに植えるかまだ、未定です。
生きているうちにはたして実がなるでしょうか。

ヘリテージ開花しました

ラズベリーで二生成りのヘリテージが開花しました。
ヘリテージ開花2014423
ヘリテージの夏果は数が少なく、まばらにつぼみがあります。
秋果専用と思ったほうがよいようです。
夏果のつぼみの大きさも、秋果に比べると小さいです。
秋果でエネルギーを使ってしまったような感じです。
一長一短ですね。

ラズベリーの苗が送られて来たけれど?

ラズベリーの苗が送られてきました。
joan20144221
温室育ちの曲がりくねった苗です。つぼみとシュートが出ています。

joan20144222

これを喜ぶ人がいるのでしょうね。今の季節は、暑かったり、寒かったり。遅霜というのもあります。反対に、5月中旬の気温になり、急激に気温が上がります。
地植えしてすぐは、根が伸びないため、朝晩水やりをしないとこれだけ葉があれば持ちません。昨日植えたのですが、今朝見ると先端が水不足でした。
植えたときたっぷり水をやっていても、要注意です。
シュートも温室育ちらしく伸びています。
本体の幹は、曲がっていて、上に伸びているところの手前に、カットした跡があります。しかも新しい。
梱包するときにカットしたと思われます。
注文したのは3月のはじめです。
品種は書かないことにします。2季なりのとげなし赤ラズベリーです。
なかなかなえが来ないので1度催促しました。それでも来なかった。
発送準備中とか。
委託先の苗なのでしょう。販売手数料と中間マージンで高いもになりました。

カジイチゴの白い花が咲きました

約1週間遅れでカジイチゴの白い花がさきました。

カジイチゴ20144222
カジイチゴは花びらが特に大きく開きかけは薄く透き通るような白さがあります。
青い空をバックにするといいのですが、今日は曇り。
カジイチゴ20144221
ラズベリーと同じ構造です。橙色の果実がなります。ラズベリーと比べるとはるかに薄味です。
刈られてもまた生えてくる強い性質の日本のイチゴです。
収量が少ないのが欠点です。

オータムブリスにシュートらしきものが

オータムブリス(二季生りの赤いラズベリー)にシュートのようなものが見えます。
オータムブリスシュート2014421
畝を高くしているため、乾燥して、苗がダメにならないように深植えしています。そのためもあり、かなりシュートが出るのが遅い気がします。
何かほかの種だったりすると、がっかりします。
シュートであることを願っています。

鹿児島県知覧産の新茶

4月は新茶を飲むことにしています。
今年も新茶を楽しんでいます。
鹿児島県の知覧の新茶です。
きれいな緑色です。
お茶にして出してもいい色です。
香りと味が新茶特有のものがあります。
香り普通の煎茶より強くいい香りです。
味は最近深蒸し茶が多くなったようですが。
新茶は茶葉そのものが柔らかいので、深蒸し茶に近い味です。
新茶の味を一言で言い表せないのが残念です。
知覧産の新茶はお勧めです。
宇治の新茶よりかなり早く新茶が出てきます。
お茶屋さんに売っています。

アロニアの花が咲きました

アロニアの花が咲きました。
北海道千歳市からやってきたアロニアです。

アロニア千歳2014419
たくさん開いているところもあるのですが、この雄蕊のピンクがかわいくて、子の写真にしました。
8月に入ると、黒く熟した果実が収穫できます。
毎年、ジャムにしています。
ポリフェノールがおおく、ブルーベリーの3倍以上ということです。
そのためジャムにしても、温かい間は、少し渋みがあります。
海外でもたくさん栽培されています。
ブルガリアで有機栽培された果汁が輸入されています。
アリノアを絞ったままの果汁です。
タンパク質と渋みがくっつく性質があり、ヨーグルトなどにかけて食べると、渋みが感じられなくなります。
今年は、アロニアジャムの作り方をもう少し改良したいと思っています。

ブラックキャップ(黒ラズベリー)にシュート

今日はとても暑いです。最高気温が24度。
最近は、寒暖の差が激しく体がついていきません。
黒いラズベリーのブラックキャップにリュートが出ました。昨年より10日遅れです。

ブラックキャップシュート
大きなとげがあります。太い幹が出るので今年は栽培方法を変えてみようと思います。立性のようですが、細い枝が出て垂れ下がり、地面につき根を出します。
秋田県田代地方でもラズベリーが盛んにつくられています。
そこでは
ハノーバー(hanover)という黒いラズベリーが作られています。
ブラックキャップと同じ仲間のようです。丸い形の果実がなります。
重さも1果あたり2.5gとなっていました。ブラックキャップも同じくらいです。
今は甘いほうに果物の嗜好が向いているようなのでいいと思います。
酸味が足りないかもわかりません。リンゴも甘くなっていますよね。
紅玉が見直されたりしていますが。
ラズベリーはまだ一般に酸味が多いです。
その中で唯一黒で甘いラズベリーです。

ラズベリーたちに変化なしです

今日は曇りで、午前中は寒い。
ラズベリーも花が咲きません。
ローガンベリーの葉に、小さな虫の糞が落ちていました。
虫を探したのですが、見つけられませんでした。
葉を食べた跡があります。
インディアンサマーの葉にも虫がいました。
花芽の先端がくっついたまま開いていない。
よく見ると虫が糸でくくっていて、その中に虫がいます。
つぼみを食べたり、葉を食べたりします。
葉が成長しなくなります。
シュートの成長点を食べられるとおしまいです。
特に気をつけなくてはいけない時期になりました。
農薬は散布しません。直接 口に入れるものなので。

ラズベリー3種 どれが早く咲くでしょう

ラズベリーにつぼみがあります。
今のところ3種類だけです。ごく小さいつぼみがインディアンサマーにありますが、除外。
どれが早く咲くか様子を見ることにしました。
同じ日の同じ時間に写した写真です。
1 スキーナ

スキーナ2014414
2 ヘリテージ
ヘリテージ2014414
3 オータムブリス
オータムブリス2014414
この中でオータムブリスは苗の状態です。つぼみが小さくても開く可能性があります。
スキーナは、つぼみが小さいです。この3種の中では一番最後のような気がします。

カシス(クロフサスグリ)開花

カシス(クロフサスグリ)開花しました。
品種はボスコープジャイアントです。
なまえにつられてかったひんしゅです。
大粒を期待して買いました。
昨年はつぼみができないで、収穫なしでした。
今年は少しだけ収穫できるようです。

カシス開花2014414
受粉がうまくいくでしょうか。
ジャムにするほど量がありません。
リンゴで増量する方法がありますが。
リンゴとカシスのミックスジャム。
鉢植えにしていたので、大きく成長していません。
地植えしても、暑く成長はどうなるでしょうか。
秋田県とか、北海道あたりが適地のようです。

パソコンのディスクのクローンを作りました

買ったパソコンがBTOパソコンです。
リカバリーディスクがついていません。
ショップに問い合わせると、リカバリーディスクは販売していないということです。
ハードディスクが壊れると、預かり修理ということでした。お金のことは聞きませんでしたが、壊れてからでは手遅れです。
そこで、フリーソフトを使って、クローンディスクを作りました。
現在はクローンディスクを使っています。
元のディスクは、パソコン内に保管。
1年くらい前は、リカバリーディスクをつけて、販売するお店もありました。
最近はほとんど、ハードディスクの中に、リカバリーを入れているようです。
ハードディスクが壊れたらおしまいです。
その前に、クローンを作りました。

プライムアーク45(ブラックベリー)にシュート

2生成りのブラックベリー
プライムアーク45にシュートが出ました。
まだ苗なので、来年も早くシュートが出るかどうかわわかりません。
このシュートに秋花が咲き、果実がなる予定です。
もう2・3本ほしいところですが、欲張らないほうが、いいのです。

プライムアーク45シュート2014412
あまり大きな写真を載せないことにしました。
何とか半ベルできるでしょうか。
秋果は甘いということですが、前評判はあてになりません。
その土地と作り方がかなり影響すると思います。
果たしでお味は?

ローガンベリーにシュート

ローガンベリーにシュートが3本出ました。
昨年より4日ほどこれは早いです。
ただ、昨年は、果樹ポットに植えていたので比較できないかも。

ローガンベリーシュート2014410
とりあえず2本。
ローガンベリーはつる性なので、ネットが要ります。
今は、キュウリネットを使っています。
ゴーヤの代わりの、夏の日除けです。

プチルビーの開花

プチルビー(草イチゴ)が開花しました。昨年より2日遅れです。
今年は植え替えしたばかりです。

プチルビー2014410
収穫はあまり期待できません。野生の草イチゴを取りたいと思います。
花のアップ写真。

プチルビーの花2014410
草イチゴやラズベリーと同じです。
雄蕊の花粉を冷凍保存して、ラズベリーに受粉させると、交雑種ができます。すでに販売されています。1鉢1万円。花目つきだそうですが。
紫色のラズベリーもいいのではと思っています。黒いラズベリーといっても赤の濃いもので黒く見える。と普通のラズベリーを掛け合わせる。紫にならないでしょうね。

プチルビーのつぼみに穴があいている

プチルビーのつぼみが様子がおかしいのが1つありました。
クモの糸のようなもので先端がおおわれていました。それで、それを取り除けてみると、つぼみに穴が開いています。中に幼虫がいました。

プチルビーの被害2014409
毎年ラズベリーやブラックベリーがこのような被害にあいます。
雄蕊やめしべを食べるので困ります。
めしべを食べられると受粉できないので、いやな外注です。
あまり大きな画像でないので、我慢してください。
今まで寒かったので、害虫の心配を指定なっかたのですが、うかつでした。
バラにもアブラムシが来ていました。
これからは油断ができない季節になったようです。

インディアンサマーにシュート

インディアンサマーにやっとシュートが出ました。昨年より1週間遅れです。
今年は寒いということでしょう。

インディアンサマー2014
秋果の花が暑い盛りに咲くようになると思います。シュートが成長しないと花芽がつかないようです。選定の時期をどうするかがまた難関です。
ヘリテージはあまり選定しなくても良いようだったのですが。インディアンサマーは選定して、枝を増やさないといけないみたいです。5月いっぱいがその時期のようです。

草イチゴの花写してきました

草イチゴの花を写してきました。
まだ寒く、満開になっていません。咲はじめです。

草イチゴ2014407
お昼ゴロだったので、気温も少し上がり、ミツバチ?らしきものも移っています。右の白い花。
花はラズベリーやブラックベリーと同じです。

草イチゴの花2014407
小さく縮小したつもりが大きかったです。花でよかった。
この草イチゴの群落は夏には背の高い雑草に覆われてしまいます。果実が収穫できません。
違う場所にも草イチゴの群落を見つけています。そこはまだ背の高い草に覆われないで、草イチゴが背伸びします。
そして、先端に1個だけ大きめの果実をつけます。それを収穫します。プチルビーも草イチゴなのですが、我が家のプチルビーはまだつぼみです。そして植えかえしたばかりなので、たくさんつぼみがありません。

 草イチゴとラズベリーを交配させて、○○イチゴという名前で生産されています。1ポット1万円。
欄の花など新品種の時は値段が高いです。しばらくすると値段も安くなります。
○○イチゴはどうでしょうか。

寒が戻ってきました

昨日と今日とても寒いです。
ベリー類も寒いので変化有りません。
外に出ると風が強く余計寒く感じます。
最高気温が11度でした。
明日は少し暖かくなる予報です。
ベリーも元気が出ると思います。

win8プロが安く買える時があり、そのディスクが見つかったので、インストールしてみました。
あまり変わりはありませんが、少しだけ使いやすいかなーというくらい。そういう気がするだけです。普通のものも、プロパックも変わりありません。
なかなか慣れないで困ります。

我が家のプチルビーはまだつぼみです。野生の草イチゴは花が咲いていました。写真を写したいのですが、寒くて。
明日でも写真を写してみようと思います。
草イチゴはかなり背が高くなります。プチルビーは野生の草イチゴを選抜しているのでしょうか。その所はわかりません。

アロニア千歳(チョコレートベリー)につぼみ

北海道千歳森林組合から暑い瀬戸内にやってきたアロニア。
アロニア千歳と勝手に名前をつけて3年目。やっとつぼみができました。

アロニア千歳2014404
チョコレートベリーという名前で苗が売られていることもあり、勘違いされる方がいるようです。
英名「Chokeberry」
これをどう読みますか。
チョコベリー チョークベリー (チョコレートベリー)
学名は アロニア・メラノカルパ(Aronia melanocarpa)
アロニアで名前が通っています。
果実はポリフェノールが、ブルーベリーの3倍以上あり、渋いのです。チョコレートのように甘くありません。
渋抜きしても、ポリフェノールが多いため少し渋みが感じられます。
私は、このアロニアジャムが大好きです。そのために、北海道から取り寄せました。きっかけは、ホームセンターで品種不明のアロニアを買ったことです。
北海道森林組合のアロニアは、選抜種からメリクロン培養で、育てられています。
収量と果実の大きさ等等。
アロニアジャムの作り方は、COOKPADに載せてありますので参考にしてください。8月には収穫できるはずです。
アロニアは現在、北海道と東北地方で栽培されて、いろいろな製品が販売されています。
自家製ジャムが一番いいと思います。添加物が含まれているものもあるので、購入されるときはよく注意してください。

やっと冬眠から目覚めたインディアンサマー

インディアンサマーの太い幹がお目覚め。
インディアンサマー3010403
もう一回り太い幹はまだ冬眠中。
カイオワやナバホなどブラックベリーにはつぼみが見え始めたというのに。
インディアンサマーのシュート昨年は早いものは4月3日。インディアンサマーは3店舗から購入したことになりました。
予約していた園のインディアンサマーがなかなか手に入らず、結局3店舗から買うことになりました。
地植えしたのは、有名な園のインディアンサマー。選抜種だということで地植えしました。でもインディアンサマーでなくて、別の品種だという話もありました。その人のページが、プロバイダーを解約したところ一瞬にして、消えてなくなりました。
この写真のインディアンサマーが例の選抜種。
果実はやはりインディアンサマーだと思います。他の2店舗のインディアンサマーと同じ色と熟し方をします。
トゲも同じ。

スキーナトップ にシュートが出ました

スキーナトップにシュートが出ていました。
インディアンサマーより早いです。
インディアンサマーの太い幹はまだ冬眠しています。細い枝だけお目覚め。
スキーナのシュートです。

スキーナトップシュート2014402
スキーナは1季生りなのです。2季生りだといいのですが。
スキーナは樹勢が強く、シュートもたくさん出るようです。
果実は日持ちがするようで、流通むきとありました。
味見はまだしていません。
ヘリテージとどちらが大きいのか楽しみにしています。

雑草とり

雑草がたくさん生えます。そして、1週間もすると大きくなります。
たくましい。

雑草2014401
家の庭なので雑草をぬきます。
山は生え放題ですが。
種があちこち風に乗ってくるのでしょう。知らないうちに花が咲き種ができて増えていきます。

作業用手袋(軍手にポリウレタンみたいなものを塗ってある手袋)
これが、曲者でした。
あたらしいものを使って長時間作業をしました。汗がたまり、それで汗もみたいな感じに手のひらの表がなりました。
今までこんなことになったことはないのですが、初めてです。
一度なるとまた同じようになるので、その手袋はもう使えません。
薄い綿の手袋をして、その上に作業長手袋をはめるようにしないと、だめみたいです。
違うメーカーのものを試してないのですが、上に塗っている素材の違うものを探さないと。どのメーカーも同じ素材を使っていることでしょうね。
いろいろな素材がありそうなので、ホームセンターで探してみます。

HOME

 プロフィール 

ペンネーム YUZU

Author:ペンネーム YUZU
バラと色鉛筆とキイチゴ
色鉛筆でバラの花を描き始めたばかりです。
猫の額のキイチゴ類の様子も時々。

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 
 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QRコード