yuzu -キイチゴと時々バラの絵ー

キイチゴの様子時々バラの絵

ペパーミント

ペパーミントがミントティーにしてもあまり、刈り取りました。もっと早い5が月の良く晴れた時期が良かった。2日乾燥してもあまり乾かない。
ペパーミント
乾燥場所は違うのですが、写真に撮ってみた。
乾燥したら葉だけ取り、冬のミントティーやらに。
生で飲めるときは生がいい。緑の葉が何と言っても気持ちを和らげてくれる。
レモンバームは毎年、ハダニの被害にあい困っています。
ハーブは昔はたくさん作っていたのですが、猫の額で、今はベリー達が日光の奪い合いをしています。
太陽がシャントでないのでブラックベリーのカイオワもナバホも味がいまいち。ジャム用になるかなー。
生食が美味しいのだが、

レモン落果 残り1果

このところの雨と朝方の低温でレモンが落果しました。
たくさん花が咲き受粉していたのですが、残念。

落果したレモン
瀬戸内の島でたくさんレモンが作られています。我が家でもと思い、生協に苗木があり買ったものです。
品種は「ユーレカ」作りやすい品種だようですが、6月最低気温が15度近くの時がありました。でもって落果。
残り1つです。1つでも大きくなることを願っています。

巣立ちして間もないツバメのひな

窓の外でチチチチと忙しく鳴いているのでよく見るとツバメのひな。巣立ちして間もないようです。
結構かわいいので写真に撮りました。

ツバメのひな1
目を閉じているときがあります。これは不思議でした。落ちないのかと心配。
ツバメのひな2
まだ産毛みたいなものが残っています。
ツバメのひな3
大きな口をあけて親ツバメから餌をもらっていました。手動ではうまく映らない。
連写写真は今整理中。また後日。

アロニア チョコベリー 熟す前は?

アロニア チョコベリー 熟す前は花が咲いたところから色が付きます。
アロニア2013627
これから緑の部分が薄い黄色になります。もう少しです。
アロニアを使った料理が北海道伊達市のホームページからなくなりました。
昨年は料理の検討中とか新たに載せるとかというご返事ありました。いつになるのでしょうね。
アロニアをもっと宣伝しなくては。
千歳市も観光関係のページにアロニアがありません。特産品としてアロニアジャムなど入れたほうがいいと思うのですが。ハスカップは載せていますね。アロニアをもっと載せなくては。
新潟県も岩手県盛岡も栽培している。
わが瀬戸内はダメ。
暑さにも強いので早く熟すし、少し枝が混むと剪定するだけで楽だと思うのですが。九州などいいかも。
知覧などお茶を大々的に栽培。新茶といえば知覧茶。美味しい新茶です。
暖かいところはやはり有利だと思うのですが。

上部の枝ばかし伸びるブラックラズベリーとコガネムシ対策

ブラックラズベリーの古株を切り取りました。古株はあんどん仕立てにしていたので、鉢の中の様子がわかりませんでした。
気が付くと新しいシュートが伸びていて、あんどん仕立てには手遅れ。
新しいシュートの上部を剪定しました。上部ばかし枝を伸ばしています。

ブラックラズベリー上部
下の方は枝が全然伸びていません。花が咲くとき葉の根元から枝を出すということに期待をしています。
ブラックラズベリー根元
 鉢の白いものは軽石です。コガネムシ対策に。日向土でもいいと思います。コガネムシはがさがさしたものが嫌いとか書いてあったものがあり、軽石を敷き詰めています。
昨年は小さい鉢で日向土の敷き詰め方が少なく水やりでその土を飛ばしてしまい、1株だけコガネムシの被害にあいました。後の株はすべて大丈夫でした。
敷き詰め方として、水やりしても石が飛ばないこと。厚めに敷き詰めること。この2点にあるようです。細い根っこが、敷き詰めた石の下の方に出てきますが、大丈夫のようです。

ヘリテージの秋花 早すぎ?

二季なりラズベリーのヘリテージ開花しました。秋花です。
ヘリテージ秋花1
今年伸びたシュートの先端の花です。2輪開花しました。
もう1本の先端の花。

ヘリテージ秋花2
あまりにも早いです。どうなるのでしょうか。今年我が家にやってきたものです。環境が少し違うのか?雨除けをしなくてはいけません。
梅雨の雨で受粉できないと思います。明日は雨の予報。
”Heritage”を英語で探すとたくさん栽培されているようです。でも1969年アメリカで作られたようでパテントはありません。秋田県でも田代地区で作られています。収穫が8月中旬となっています。秋果を収穫しているようです。ということはヘリテージの秋花は早いということでしょうか。一度問い合わせてみようと思います。/span>

ブラックベリー ナバホ

ブラックベリーのナバホがたくさん実をつけています。
ナバホ2013624
鉢植えでこれくらいです。地植えにしたいです。猫の額を工夫して。
このところの雨続きで甘味がいまいち。晴天が続くと甘味がのって来ます。雨続きだと、カイオワのほうが甘いです。昨日は晴れの予報が、雨が降ったりやんだり。雨が降っている時間のほうが長かったです。
今日は朝9時頃まで雨。その後晴天。
梅雨の時期晴天が続くのは少ないようで、ナバホ本来のおいしさがありません。
ブラックベリーの果実はラズベリーと比べて、雨に強い。カビも生えることはほとんどありません。とる時期を逸したものが落果しています。防草シートの上なので、拾って洗ってわが口へ。

今季最大級

今季最大級のアゲハの幼虫?
3日雨が続いたのと、昨日見落とし?で今季最大級に成長したアゲハの幼虫。
アゲハの幼虫20136023

我が家での最大級です。毎日卵を取っているのに。それと小さな孵化したばかりの幼虫もみつけしだいとっていますが。葉の裏などに隠れていたのか?このような幼虫だ今日3匹いました。1cmにまで成長。3匹もいれば成虫になるまでには、種無しユズは丸坊主になってしまいます。
この季節とにかくよく卵を産みにアゲハチョウがやって来ます。

マイソールブラックラズベリー 収穫

野生種のブラックラズベリー。「マイソールブラックラズベリー」を収穫しました。少し前から熟していたのですが、雨で収穫していませんでした。
黒く熟すのですが、雨が当たると果実の表面にある毛のようなものがぬれきれいな色でないので、収穫していませんでした。
今日は雨が上がり、乾燥してので収穫しました。雨には強いようで、腐っているものはありませんでした。
マイソール熟す1
このように白い毛みたいなものがあります。
重さは

マイソール重さ
5個で6.48g。1個約1.3gというところ。
大きさは

マイソール大きさ
1.7cm位です。
一番良いところはたくさん生ることです。
まだ花が咲いています。

まだ咲くマイソール622
お天気のいい時はハナバチ達がやってきています。ここ3日雨で受粉できていない花もあると思います。
天気さえよければハナバチが受粉を助けてくれます。
お味はブラックキャップのほうが甘いです。完熟すると甘いのですが、ブラックキャップほど甘くありません。それに酸味があります。なので完熟しないと酸っぱいです。インディアンサマーほど酸っぱくはありませんが。

雨に打たれて

ラズベリーがこの長雨で「ごめんなさい」しています。今日で3日連続の雨。
雨に打たれて
栽培中止予定のファールゴールドです。支柱が短いようで。お天気の時はしゃんとしていたのですが。
雨が続くと収穫が大変です。朝・夕と収穫しないと果肉がダメになってしまします。1日雨が激しかったので夕方採らなかったら、次の朝カビとヅルヅル。
インディアンサマーは完熟で収穫していました。赤い透明色?になって収穫すると美味しいから。雨の時は早めに収穫することにしました。
明日は晴れのようです。

プチルビーとクサイチゴの交配?

クサイチゴのプチルビーと自家選抜のクサイチゴを昨年交配しました。クサイチゴどうしの交配ですから、種もできました。
種を取り冷蔵庫で寝かして、3月初めに種まきしました。
今少し大きくなっています。

プチルビー×クサイチゴ
プチルビーは品種登録も商標登録もしていない?のにカタログでは何やらマークが。
クサイチゴどうしの交配ですから、プチルビーとは言えません。何か名前を付けれみますか。
『近江キイチゴ』というのが最近栽培されています。これはパテント。
登録品種

宮崎大学の國武先生のラズべりー・ブラックベリーにあり。登録品種名が
「07RUBIXP01」で何かわからないのでサカタのタネが今年販売しているカタログより検索。
平成24年に載っています。
栽培は近江(滋賀県)で近江キイチゴ等 これを使ったケーキ類もあるようです。

黄色ラズベリー ファールゴールド 栽培中止します

黄色のラズベリー ファールゴールド(fall gold)来年栽培中止です。
ファールゴールドとかフォールゴールドとか日本読みされています。英語はfall goldで1964年アメリカで品種改良されたようです。
アメリカでも苗は販売されています。日本に入ってきたものと何か違いような気もするのですが、画像表示の関係かも。
栽培中止の理由は
①果実が小さい
②あまりかじつがならない
③果実がぽろぽろ落ちる
④収穫時にすでにカビが生えているものがある。カビが生えやすい。
以上4条件
大きさですが1.6cm位。

ファールゴールド大きさ
重さは
ファールゴールド重さ
1.4gと野生種を除いて一番軽い。大きさも一番小さい。
最大の欠点はたくさん成らないことと、すぐ落果することです。
熟すのが早く花托から離れて地面に落下します。
早めに収穫しないとだめ。収穫してもきれいな形を保つのが難しい。
ということでファールゴールドは来年から栽培中止です。
山の神様曰く「ちいさすぎる」

ナバホ (ブラックベリー)熟し始め

ブラックベリーのナバホで、特別に早く咲いたものが熟しています。
受粉できていないところもあります。

ナバホ2013615
ブラックベリーは暑い瀬戸内の気候にピッタリです。
このナバホは甘いです。トリプルクラウンより甘いです。ブラックベリーは種が大きいのが少し欠点。アントシアニンはブルーベリーの次に多い。
カイオワもナバホも今年はたくさん花が咲き果実がついています。ラズベリーとほぼ同時に花が咲きます。
ナバホはとげがないので助かっています。
ブラックベリーのソーンフリーは来年から栽培中止にします。過熟にしても酸味が強いです。果実も小さめ。

カイオワ 黒く色づく

ブラックベリーのカイオワが黒く色づいてきました。
カイオワ20136016
大きな果実です。よく熟すと甘くておいしい。
アメリカの育種登録で苗の購入に誓約書(栽培地、増殖しない(挿し木や取り木など)いろいろとやっかいです)を書き、押印郵送まで求められました。ラズベリーのように地下茎的なものが伸びないので1株です。1株の本数は少しづつ増えて、今年は3本になりました。地植えするともっと増えると思われます。トゲが鋭く、多いのでどうするか考えています。今のところ鉢植え。

エビガライチゴの収穫

エビガライチゴが熟していましたが、昨日は雨で収穫できませんでした。今日収穫しました。
エビガライチゴは収穫するとき手にくっつくような感じです。ネトッと手に着く感じですが、手には何もついていません。

エビガライチゴ熟す
山に植えたものはこのようにたくさん果実がついています。
収穫が遅れたため過熟になっているものもあります。
大きさは1.6cm位でしょうか。

エビガライチゴ大きさ

重さは
エビガライチゴ重さ
1.6gです。
一番大きいものです。
色は重さをはかったときの色が近いです。
甘いのは甘いです。
日本の野イチゴの中ではこれが甘いと思います。
カジイチゴの甘さとまた違います。
美味しいのはカジイチゴでしょうか。
クマイチゴは小さいし、クサイチゴは猛烈な薄味です。
エビガライチゴはたくさん収穫できます。カジイチゴはあまりたくさん果実が生りません。

ローガンベリーの食べごろは?

ローガンベリーが熟し始めています。このところの暑さで一気にじゅくしました。
過熟のローガンベリー。

ローガンベリー過熟
このようになります。過熟だと手で取ろうとすると潰れます。これはハサミでとりました。
未熟のローガンベリー。
ローガンベリー未熟
赤くておいしそうですが、まだ未熟です。ラズベリーだといいころですが。
食べごろは少し色が濃くなったころ。

ローガンベリーとり頃
花托が見えてきます。手で持ってポロッととれれば最高においしいローガンベリーが食べられます。
我が家ではラズベリーのグレンアンプルが一番人気です。
ローガンベリーは酸味が少し強いと思います。というか甘みが足りない。
でもおいしいですよ。

アゲハの幼虫13匹

アゲハの卵が孵化して黒い幼虫になっていました。
アゲハ幼虫黒
孵化したばかりはこのように黒いのでよく目立ちます。このような黒い幼虫を13匹今朝捕まえました。
卵は見つけ次第とるようにしているのですが、とり忘れたものがたくさんあったということでしょう。
少し大きくなったものが1匹。

アゲハ幼虫茶
黒から茶色へと変化。少し大きいです。
卵は葉の裏と表をよく見て採っているつもりなのですが。13匹もいたことに驚いています。
アゲハ蝶が卵を産みに、休みなくやってきているということです。1日に5~6匹は来ていると思われます。
クロアゲハもやって来ます。
アゲハチョウとの熱い戦いになっています。

ブラックキャップ収穫

このところの暑さで、ブラックキャップが熟しました。
大きさは約2cm位。

ブラックキャップ大きさ2013
重さは2.2gです。
ブラックキャップ重さ2013
完熟すると甘いです。酸味が少ないです。
トゲが鋭いです。とげのないタイプの黒ラズベリーはないのかなー。
今日は猛烈に暑い。朝10時ごろから我が家の温度計は風通しの良いところで35度。
これでも梅雨。梅雨の末期が雨が多いようです。夕立位欲しいです。雨は例年の10分の1くらい。

コウモリガの被害

ローガンベリーがコウモリガの幼虫に。今年になり、同じ鉢で2回目です。
この鉢を置いているあたりが敵の狙いどころでしょうか。風通しが少し悪く下葉を取っていませんでした。

コウモリガ虫糞
一番下の葉のところで、新芽が出るかどうか不明です。周りもこれだけ食べられるとシュートはダメで。下の葉を残して切りました。
水切れでもなく1本だけしなびたような状態には気を付けないと。今日初めてこのシュートはしなびたようになっていました。手遅れ。水やりのたびに気を付けて見ていても、しっかり観察しているわけでないことがわかりました。

赤くなったブラックキャップ

ブラックキャップが赤くなってきました。
赤いブラックキャップ
これから黒く熟します。あと2日くらいでしょうか。摘果しなかったのでいろいろなサイズのものが。
雨が降りません。台風もどこかへ。
水が少し欲しいです。

小さなクマイチゴの実

クマイチゴが熟しました。果実は小さいです。味もいまいちかな。カジイチゴのほうがはるかにおいしいです。
クマイチゴ熟す2013
ラズベリーと同じように花托が離れます。花托は枝に残ります。
クマイチゴ収穫後
トゲと果実が小さいのが欠点です。味は我慢しましょう。

エビガライチゴの熟し方

エビガライチゴの熟し方が面白くて写真を撮りました。
受粉が完了するとガクを閉じます。

エビガライチゴ受粉後
中の果実が成長し大きくなるとガクが少し開きます。
エビガライチゴガクの開き始め
このように少し開きます。中の果実は緑がかっています。
エビガライチゴ熟し始め
果実が大きくなり色も黄色です。ガクも開いてきました。
エビガライチゴ熟す前
ガクが開いて、熟し始めです。まだ赤く熟していません。。
現在はこの状態です。
も薄く市で赤く熟すところです。
今年山に地植えしたものは太いシュートが出ていますが、これは昨年の細いもので、花の数も少ないです。
はい上のものはもっと花の数が少ないです。
太いシュートだと支柱をたてなくても上に伸びています。伸びるにしたがって先端が曲がります。
途中で剪定すると地面に根を張ることはないように思われます。
エビガライチゴは半立生のようです。鉢植えこそ茎が小さいですが、地植えしてよくわかりました。
トリプルクラウンも地植えすると半立生になるかもわかりません。

アロニア チョコベリー 果実が大きくなりました

アロニア。チョコベリーとも言いますが、果実が大きくなりました。
アロニア果実2013608
これから色が変化していきます。
暑さ寒さに強くお勧めの果樹ですが、渋みがすごいのが欠点。ポリフェノールはブルーベリーの3倍とか。
渋抜きについては昨年載せました。現在クックパッドに残っています。わがパソコンは壊れてデータを失いました。
3回冷凍 解凍を繰り返す方法。
他に方法がないかと思っています。柿渋が抜けるくらいならアロニアの渋も。焼酎、ブランデー、お湯、炭酸ガス。等々。
急速冷凍がいいようですが、これは家庭の冷蔵庫くらいではだめのようです。
豆乳を使ってもよいという人は無調整豆乳を30%加えればタンパク質とタンニンが結合し、渋が軽減されます。
あまり使いたくないので。添加物一切なしというのが狙いです。

ワンダーレッド

赤ラズベリーのワンダーレッドも熟し始めました。グレンアンプルと同じくらい大きいです。
ワンダーレッド熟す
味は好みもあるようですが、グレンアンプルのほうが好まれるようです。暑い瀬戸内の気候には向いていないのか、先端の方のみ芽が出て枝が伸びました。したがって収量は非常に少ないです。インディアンサマーは茎の下の太いところも芽が出て花が咲きました。でも果実が小さい。
ラズベリーはやはりアップルゾーン。暑い気候向きのラズベリーがないものかと。

インディアンサマー 小粒です

インディアンサマーが熟し始めました。小粒です。その代り数が多いです。あまり生食向きではありません。
小粒のインディアンサマー
インディアンサマーは1年様子を見て山行きにしようかと。大きくてたくさん実のつくラズベリーを猫の額の庭に。
瀬戸内は暑いので2季成りの品種はどうかとも。昨年は夏に花が咲き実がならず。涼しくなって咲いた花に果実ができました。大きさは小さい。
他の2季成り品種を見てみようと思っています。

マイマイガ

大きなマイマイガの幼虫が2匹いました。こちらのローガンベリーの葉の上とあちらのローガンベリーの葉の上に。
マイマイガ
卵はかたまりで生むようですが。卵の上にメスの鱗粉がついています。昨年は1かたまり。今年はまだ見つけていません。どこかで大量発生していると思われます。
ローガンベリーに登っていく途中を捕まえたので、どこからかやってきたみたいです。大きいので捕まえないでおくと葉はたちまちなくなります。ローガンベリーが好きなのでしょうか。昨年はラズベリーの葉の裏に卵隗があり、メスがいたのですが。
今年はどこに卵を産んだのでしょうか。

コガネムシトラップ

毎年コガネムシトラップを作っています。ヘロモンを利用して誘引するものもあるのですが、高いし、猫の額の庭には。
愛媛県のホームページに作り方が載っています。
コガネムシ参考資料

雨除け付きコガネムシトラップ
牛乳パックを利用します。
餌が入る高さを取って適当に1面と3面を切り抜きます。
私は雨除けのためひさしを残しました。あまりこらないでさっさと作りました。
餌は ・ディプテレックス粉剤  20g
   ・きな粉   80g
   ・砂糖    40g
   ・清酒    40cc
   ・米酢    30cc
粉系統をよく混ぜ合わせ液体のものをあとから入れる。しっかり練る。
トラップ1個につき餌が60g
10アールあたりトラップ3個。
わが猫の額は1個でも十分すぎるほど。
昨年はいろいろな虫が入っていました。
臭いにひかれたのかよくわからないのですが、ムカデが餌に頭を突っ込んで死んでいました。
ムカデがとれる訳ではありませんので、ムカデのために作るのはやめてください。
あくまでコガネムシの誘殺ようです。

グレンアンプル収穫

今年初めての収穫グレンアンプルです。1個のみです。
グレンアンプル2013収穫
花托をつけて収穫してみました。洗って冷凍保存するときには、洗った後で花托を取ると水が中に入らないでいいかと思っています。
これは食べてしまいました。
グレンアンプルとしては普通の大きさです。甘くておいしい。酸味もあり。香りはインディアンサマーに負ける。
初物を食べると75日長生きをするとか。

ワイルドストロベリージャム 改訂版を作りました

朝方雨。でもって、ワイルドストロベリージャムの改訂版とラベルを作りました。

ワイルドストロベリージャム


冷凍ワイルドストロベリー
春先の大きい粒を使いました。果実だけ持って採るとブラックベリーと同じようにヘタが残りきれいに採れます。それを洗って冷凍保存しておきます。200gたまると作るといいと思います。
出来上がり写真ですが、今回は種をこさなかったので多いです。粒が大きかったのでそのまま作るとこれくらいになります。

完成ワイルドストロベリージャム
食べてみると粒がプチプチと音をたてます。粒が多すぎると思われたら、粉ふるいで半量だけこしてください。
ラベルはいつものように私用に限ります。クリックして大きくしてコピーしてください。少し雰囲気を変えみました。春の緑の中のワイルドストロベリー。


ワイルドストロベリージャムラベルよ

我が家で一番早いラズベリー

クサイチゴのプチルビーを除いて、我が家で早く熟すラズベリーは今年はグレンアンプル。
この木は昨年の秋シュートが出たものです。秋に親株から離れたところに出たので、別の蜂に植えていたものです。開花も早かったのですが、熟すのも早いです。

グレンアンプル熟し始め
もう2日位で完熟。でも今日は気温が下がり雨も降り寒いです。もう少しかかるかもわかりません。
昨年リン・カリ肥料を根っこを丈夫にするために与えすぎて、今年はどのラズベリーもブラックベリーも花がいっぱい実がいっぱい。大きい実がなるか心配です。
このグレンアンプルは標準の大きさ。インディアンサマーよりはるかに大きいです。甘くておいしいですが、ジャム向きでなく生食向きです。

HOME

 プロフィール 

ペンネーム YUZU

Author:ペンネーム YUZU
キイチゴとバラと色鉛筆と
猫の額のキイチゴ類の様子とバラの絵を時々
色鉛筆でバラの花を描き始めたばかりです。。

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 
 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QRコード