yuzu -バラと色鉛筆とキイチゴー

バラの花を色鉛筆で、キイチゴの様子も 

アワフキムシの泡と幼虫

このところブラックラズベリーの1株だけ泡があります。ほかにはないのですが。道を歩いていても白い泡が結構目につきます。
泡
写真の真ん中あたりの白い泡です。中に赤い虫がいます。アワフキムシの幼虫。取り出してみました。
アワフキムシ
竹の割りばしの先にいるのが幼虫です。成虫はつまぐろ横ばいをごつくしたような感じです。
幼虫が吸った樹液を排泄して泡ができるようです。幼虫の出すアンモニウムと反応してアンモニウム石鹸というものができるとか。受け売り。
樹液を吸う害虫なのでとることにしています。

受粉後の様子さまざま

日本のキイチゴの受粉後の様子です。
まずは

カジイチゴ受粉後
受粉後上を向いています。が葉が上を向いていました。そのままです。
これはカジイチゴです。がくが閉じることはなくメシベが除いています。

モミジ葉イチゴ受粉後
下を向いているのは花が下を向いて咲いていた、モミジ葉イチゴです。
これはオシベガ周りを囲って眼路べを保護しているようです、
じゅくすとどうなるでしょうか?

真犯人捕まる

ついに真犯人の証拠写真を写しました。真犯人は3日前に見つけていたのですが、この時はカメラで写すことを忘れていました。
今朝は少しだけ寒く、害虫がいると目をつけてみていました。
ブラックベリーのナバホがよく食べられていました。今回は少し大きく成長したシンクイムシの仲間です。
それでは証拠写真。

真犯人1
つぼみが半分くらい食べられています。同じものです。
真犯人2
虫の右のほうが頭です。気温が上がるとよく動きます。
つぼみを食べた後の穴が小さいのはこの害虫の小さいものだと思います。
なかなか小さい害虫は見つけにくいです。食べた後はよくあるのでまたアップします。
昨年はどんな害虫が食べるのかわかりませんでした。アロニアの花を食べた害虫とは違うようです。こちらはカラダガスベットしています。毛がありません。アロニアに来たものは毛がありました。
シンクイムシというのは総称でしょうから、蛾の幼虫には間違いがないのですが、とんな蛾になるのかわかりません。

花粉団子

今日は気温が上がりミツバチがたくさんやって来ました。
いつもは狙いそこなうので、今日は連写で写してみました。
花粉団子をつけてミツバチです。

花粉団子1
大きな花粉団子が両足についています。美味しいのでしょう。色々な花粉が混ざっていると思います。クサイチゴだけの花粉ではないように思います。
もう1っ匹。

花粉団子2
このミツバチも大きな花粉団子を運んでいます。
来そうな花に狙いをつけて、連写で待っていました。
忙しくすぐに違う花に飛んでいくのでなかなか写せなかったのがやっと写せました。
クローズアップは動くものはやりずらい。

アロニア満開 蜜もいかが

アロニアが満開です。昨日は気温も高く花が開いてしまいました。
満開のアロニア
今日は北風で寒いです。風が強くアロニアも散り始めました。
昨日は蜜を吸いにハナアブたちがやって来ました。

アロニアの蜜を吸う
たくさんやってきていました。今日は気温が低いのですが、やはり蜜を求めてハナアブ君2,3匹やって来ました。
明日はお天気が良く気温も上がり、たくさん蜜を吸いに来るといいな。

やって来ましたアゲハチョウ 卵はいらない

アゲハチョウが今年もやってきて卵を産んでいきました。
卵はいらないよ!
生みたて2分後の卵です。ピントがいまいちです。

アゲハチョウの生みたて卵2013
これからは気を付けけていないと幼虫が葉を食べてしまいそうです。種無しユズなど去年葉をほとんど落として、今年は小さいかわいい葉がある。それを食べられるとユズはおしまい。全力で戦うぞ。卵を見つけ次第とるのです。見落としが毎年あり、大きな幼虫がいることがあります。卵から孵化したては黒くてよくわかります。緑の葉の上に少し細長い黒いもの(1ミリ程度)のものがアゲハの幼虫。緑に黒なのでわかりやすいです。

カシス 果実がならない

昨年8月末に葉をなくし、秋に少し開かなくてもよい葉を開いたカシス。
カシス2012291
昨年の秋開いた葉。
カシス2012292
その後完全に葉が枯れた状態。もうだめかと思っていました。
今は葉がいっぱいありますが、花芽ありません。果実が生りません。残念。

カシス2013424
大きく伸びて成長しています。葉が多すぎです。風通しが悪くなるとハダニが発生。去年の二の舞になるかもわかりません。暑さに弱いので西日が当たらないところにおいています。どうしてもだめなら栽培をやめようかと思います。山に持って行って自然に任せる。

ベリーのつぼみいろいろ&被害

日本のキイチゴのつぼみ。まずはエビガライチゴから。
エビガライチゴのつぼみ
つぼみもトゲトゲとした毛があります。エビガライチゴだけだと思います。他にあったら教えてください。
次にクマイチゴのつぼみ。
クマイチゴのつぼみ

バラバラっとといった感じ。つぼみにトゲはありません。ラズベリーと同じようです。
次は日本産でなくローガンベリーのつぼみ。
ローガンベリーのつぼみ
ごくありふれたつぼみです。今年はローガンべりーたくさんつぼみがあります。
次につぼみの被害。

クマイチゴのつぼみの被害
クマイチゴのつぼみですが、被害にあいました。大事なメシベまで食べられています。昨年はラズベリーとブラックベリーが同じ被害にあいました。
害虫の正体を写したいのですが、正体自体がわからないので困っています。
なんという虫でしょうか。ゾウムシというのがあります。これは産卵するようです。これでしょうか。チョッキリの仲間?

ラズベリーの害虫とブラックベリーの害虫 同じ?

害虫の季節がやってきています。今日は最低気温が3度で結構寒い。真冬並みの最低気温。
油断大敵という事でしょうか、害虫がいます。ラズベリーとブラックベリーに。どちらも同じ種類の害虫のようです。

害虫1
ラズベリーの葉はたくさん食べられています。やっと見つけました。
害虫2
ブラックベリーの害虫です。同じ害虫のようです。場所は離れています。
ブラックベリーはまだ葉が食べられた跡がないので油断していました。ラズベリーは他の鉢も食べられていますが、害虫は見つけられず。上の1っぴき。

ワイルドストロベリー 満開です

ワイルドストロベリーの花が満開です。葉が大きくなりすぎです。有機肥料の聞きすぎでしょうか。今年は甘いイチゴになればと思い施肥。少し多かったようです。
ワイルドストロベリー2013420
早く赤く熟すといいのですが、今日は冬に逆戻り。なかなか暖かい日ばかりなく、熟すのもまだ先のようです。
このワイルドストロベリーあまり人工授粉していません。どうなるでしょうか。風が吹けばいいような感じです。黒くならないで大きくなりつつあります。

トリプルクラウン(ブラックベリー) 折れ曲がっても花芽が伸びて

幹が折れ曲がって割れたトリプルクラウンです。割れた近くの芽から花芽が伸びています。
トリプルクラウン2013419
まずまずの様子。
か弱いシュートがありますが、これは来年花が咲かないシュート。
本来の太い元気の良いシュートがまだ出ていません。か弱いシュートは彫り上げて、苗用です。
明日はまた冬に逆戻り。気温が上がらなく、雨も降り寒い1日となりそう。
春用と冬用を置いておかないといけないので大変。
寒がりの私にとってまた明日冬がやってきます。

アロニア チョコレートベリー の花 と にくき害虫

アロニアの花が咲きました。小さい花で少しピンク色をしています。
アロニアの花2013

左下の花が少しおかしいです。花の中心が食べられています。
ひどい花になると下の写真のように食べられます。

アロニア 花の被害1
ほとんどいいところは食べられています。メシベを食べているので果実はなりません。にくき害虫です。
害虫の正体です。

アロニア害虫2013
クリックして拡大してみてください。上が頭です。頭を花の中心に突っ込んで食べています。即刻あの世生きです。今日は4匹いました。葉の裏にいて見つけにくいです。今年は去年よりたくさん食べられました。
冬のマシン油はきかなかったのか?

やっと来た ハナアブ

なかなかやってこなかったハナアブ。今日は蜜を吸っていました。サック実1匹きましたが、葉の上で暖をとり体が温まると飛んでいきました。
今日は盛んにクサイチゴ(プチルビー)の花の蜜を吸っていました。
まずは大きいハナアブ。管を長く花の蜜のある部分に差し込んでいます。

ハナアブ2
クリックして大きくしてみてください。
もう1種類中くらいのハナアブ。

ハナアブ1
これは足に花粉がついています。他にも花粉団子を両足につけた者がいたのですが、せわしなく飛び回り写せませんでした。
やっと花の蜜を吸いにやってきたという感じです。

やっと出たローガンベリーのシュート

株が大きくなるとシュートの出るのも遅いのでしょうか。やっとシュートが出ました。キューリネットにくくるつけているローガンベリーです。
ローガンベリーシュート2013
これから伸びるのでどうしようかと思案しています。今くくりつけているネットにくくる?
ネットの状態は葉が開くのがまちまちです。

ローガンベリー棚1
これがよく開いているところ。
ローガンベリー棚2
ほとんど葉がまだ出ていないところが多いです。
昨年取り木したローガンベリーは既につぼみが出ています。

ローガンベリーつぼみ2013
ローガンベリーの苗がの値段が高いのですね。さる育苗専門のところのホームページでは4,000円。在庫なし。
来年楽天のオークションで2,000円位にすると売れるかも。もっと小さい苗にしてポットも小さいポットで1.500円位にするとどうでしょうか。送料もあまりかからないように。
取り木すると結構大きな苗になります。6号スリット鉢くらいに植えないと根っこが持たない。すごく根が張り元気な取り木ができます。数はたくさんできませんが。/span>

瀬戸大橋スカイツアー

瀬戸大橋スカイツアーに行ってきました。抽選で今回は当たりました。昨年は外れました。
天気が良いのですが、塔の上は風もあり寒かったです。

76
この写真の一番上の横げたのところまで上がります。地上180mとか。

71
塔の上の横げた部分です。大人の頭が除く程度です。小さい子供用に窓が切ってありました。
69
塔の上からの瀬戸大橋です。
秋がきれいとのことです。晴れていても春は水蒸気が多く遠くまではっきり見えません。秋に抽選申し込みます。

レモン生りそうだ!

冬を軒下の日当たりのいいところで越したレモン。今年はなりそうです。つぼみが見えています。
レモンのつぼみ
瀬戸内の島では盛んにレモンが栽培されています。我が家でも栽培できそうなので鉢植えにしています。
木頭ユズはかれこれ10年になろというのに一向になりません。
トゲ無ユズは去年ならし過ぎました。
レモンは順調に3年目にして花のつぼみが付きました。木頭ユズは今年ならないと木ってしますと、木頭ユズの期に宣告してあります。山に移してあります。生らないと本当に切り倒します。
レモンに期待しています。

枯れたインディアンサマーの芽はどうなるか?

昨年の秋に芽を伸ばして寒さにあい枯れたインディアンサマーの芽はどうなるのだろうか。現在はこんな状態。
枯れた芽2
枯れた芽1
枯れた芽の下に何かありそうですが、よくわかりません。そこから芽がでるか。それとも枯れた芽の途中から復活して芽が出るか。又は枯れた状態のままか。
今日は寒い一日でした。昨日も同じ。明日の朝は霜注意報。土曜日も朝とても寒いようです。3月の気温が暖かすぎたのか。4月に入ってもシュートの出ないインディアンサマーの鉢があります。
秋から肥料は、少なめ。今年はあまり葉がでかくならないで普通の状態です。緩効性の肥料はやりすぎないように。
窒素分の少ないものを選んで今年は施肥の予定です。

プチルビー 安くなっていた

クサイチゴのプチルビーがホームセンターで安く売られていました。580円。花が1個か2個咲いている小さな四角いスリット鉢。これが黒のポットだと300円くらいか。プチルビーとか書いて例の札がさしてありました。私が買ったときは980円くらい+送料
もうこれだけで回るとお終いですね。
我が家のプチルビーも花が咲きだしていますが、その中に不稔花が少しあります。

プチルビー不稔花
花の中心が黒くなりメシベが盛り上がっていない。これはもう摘花です。
雨にあたったかどうかわかりませんが、2,3個ありました。
マルハナバチ君やハナアブ君が来ないので筆で受粉しています。早くハナアブ君たち来てほしい。

どこから来るのか ヒトリガの幼虫

黒いヒトリガの幼虫はどこから来るのでしょうか。今年に入り3匹あの世へ送りました。
風の強い日に風に乗ってくるのでしょうか。1匹だけいます。
今日はローガンベリーの葉の上に。朝早く見つけました。昨日は風が強かったので飛ばされてきたのでしょうか。それとも冬眠から覚めた?

ヒトリガの幼虫
今回は証拠写真を撮りました。小さいまま見てください。「クワゴマダラヒトリ」の幼虫らしいです。成虫は白い蛾です。幼虫は7回脱皮して成虫になるらしい。なので冬をどこかで越していると思います。
山がありそこから来たのかもわかりません。
毛虫はピンセットで捕まえています。素手は絶対にいけません。毛が刺さって発疹ができることもあります。
ツバキなどにアメリカ○○の毛が残っていて、思わぬ被害にあうこともあります。毛は小さいので気が付かなくて、発疹ができたしまったと思うことがあります。
皆様お気をつけて。

プチルビー(クサイチゴ)の花が咲きました

クサイチゴの「プチルビー」の花が咲きました。つり鉢のものと日当たり良好の場所のものです。
プチルビー花20131
これは釣り鉢の花。根が制限されるためかあまり枝が伸びていません。それでもって針金で横になるようにしたもので、花が上を向いて咲きました。もう少し枝が伸びてくれるほうが見栄えのするつり鉢になるのですが。つり鉢全体の写真を撮り忘れました。
クサイチゴなのですが。「プチルビー」で商標とか育種の登録情報を検索してもありません。某ナーセルーの「ハリテージ」などは商標登録検索でヒットします。

簡単とろとろイチゴジャム

イチゴのジャムレシピで本を見ているとほとんどの本が、イチゴに砂糖をまぶして数時間置くというものです。
何とかすぐ作れないか。置く場所なんて我が家の狭い台所にはあるはずがない。まして冷蔵庫など。
もう1点形イチゴのを残すものが今流行のようです。筆者はパンにぬって食べているのでしょうか。本に載せるためのレシピではないか。パンにぬるとイチゴはブルーベリーと違って大きいのだ!!
ということでいろいろ試行錯誤。
たどり着いてのが下のレシピです。
クリックしてみてください。

簡単とろとろイチゴジャム

ラベルも作りました。
イチゴの形を切りぬくのが少し時間がかかりました。種にメシベがついていつのです。たぶんメシベ?
ラベルは私用に限りご利用ください。

イチゴジャム
我が家では大好評です。砂糖も極力控えてあります。なので必要量作るか、1週間以内に食べきれる量を作る事にしています。
イチゴの種類が違うと色と香りが微妙に違います。それも楽しみの1つです。
ぜひトライしてみてください。
100gでも作れると思います。
イチゴジャムラベル
画像をクリックすると大きくなります。コピーしてお使いを。

アブラムシ

気温が上がると真っ先にやってくるものがあります。「アブラムシ」。ワイルドストロベリーにはたくさん。アロニアの若い葉にもたくさん来ますが、まだこの程度です。
アブラムシ
1日数匹というところです。毎日気を付けていないと増えていきます。窒素分を含む肥料を与えると増えます。一番よく増えるのが尿素を水に溶いて与えるとたちまち増えます。今年は作っていないのですが、チマサンチュの色が悪いので尿素を与えたときがあります。効果てきめんで葉の色はよくなるのですが、気をつけていないとアブラムシが増えます。

雨が降るとシュートが出る?

雨が降るとタケノコが伸びるようにラズベリーのシュートも出るのかな。
インディアンサマー一昨日は何も出ていなかったのに。昨日は1日雨。なので今朝インディアンサマーの鉢を眺めているとシュートが出ていました。雨後の竹の子とか言いますが、雨後のシュートです。

インディアンサマーシュート2013
和歌山県産のインディアンサマーです。瀬戸内に近いからいいかと思っていましたが、昨年は厳しかったようです。今年の夏果は期待できません。よくて10粒。今年伸びる芽が秋の終わり咲くむ成って伸びて、それが寒さでやられて、ダメになっています。今年は秋果のための肥料をやらないことにしようと思っています。

インディアンサマー意外と遅い

暑い地方にもとある本に書かれているインディアンサマーですが、意外に目覚めが遅いです。まだ葉が開きません。シュートも出ません。どうなっているのでしょうか。やっと萌芽の状態です。
サマーフェスティバルはもうとっくに葉が開いています。

サマーフェスティバル2013
早く葉が開くものが瀬戸内の夏の暑さに強いのか、それとも遅く葉が開くものが強いのか。去年はハダニの被害甚大でしたから、どれが強いと言えるのかよくわかりません。2季成りではないものの芽が秋に成長してしまうという現象か昨年起きました。成長して枯れたように見える芽が少し大きくなっているものもあれば、完全に枯れてしまったものもあります。肥料の関係は度なのかとも思っています。極力肥料を与えない。今年は「におい2分の1」を中心にリン酸とカリの多いものを主体に遅効性の化成肥料は施肥していません。葉が大きくなりすぎたように思います。果たしてどうなるでしょうか。

アロニア千歳とアロニア不明種 (チョコレートべりー)

北海道千歳市森林組合から1年生の苗のアロニアを買いました。勝手に「アロニア千歳」と去年命名しました。アロニアの選抜種のメリクロン苗なのですから。
2年目になりましたが、つぼみはまだのようです。今年は実はならないようで。

アロニア千歳2年目
葉がやっと開いています。にくき「アブラムシ」の黒いのを1匹退治しました。
少し暖かくなるとやってくるようです。冬にマシン油を散布しているので幹にはいないと思います。
アロニア不明種はつぼみがいっぱいついています。もともと実になっていたものなので、今年もいっぱいつぼみがあります。

アロニア不明種つぼみ
今年もアロニアジャムを作ります。アロニアジャムはお気に入りです。
北海道展でも出品してくれれば買うのですが。去年千歳森林組合から買いましたが、送料のほうが高くつきました。ジャムは我が家で作ったものとほとんど同じでした。アロニアと砂糖のみでジャムが作られていました。不要なものが入ってなかったのがいいです。
渋抜きの方法も分かったので今年はがんばるぞ!!

HOME

 プロフィール 

ペンネーム YUZU

Author:ペンネーム YUZU
バラと色鉛筆とキイチゴ
色鉛筆でバラの花を描き始めたばかりです。
猫の額のキイチゴ類の様子も時々。

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 
 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QRコード