yuzu -キイチゴと時々バラの絵ー

キイチゴの様子時々バラの絵

スタンザ 赤み四季なりラズベリー

赤実の四季なりラズベリー スタンザを栽培中止にするために幹の途中から切っていました。
ところが、枝が出てきていました。

スタンザ20170925
枝が伸びて、花が咲き、実がなると思うので様子見にします。

受粉した2番花 ラフザック(ヒンボートップ)

ラフザック(ヒンボートップ)の2番花は受粉しないと思っていました。
ラフザック201708242
写真は8月24日
受粉したラフザック(ヒンボートップ)

ラフザック(ヒンボートップ)20170910
少しまばらに受粉したものもありますが、きれいに受粉したものもあります。
2番花はまだこれからつぼみが出るものもあります。樹勢が衰えるかと心配ですが、いちいち全部かくわけにはいかないので、成り行きにしておきます。

大きな蛾 オオトモエ

黄色い粘着トラップに大きな蛾が。
夜にくっついたらしい。地面に置いている粘着トラップです。

オオモトエ20170903
羽をバタバタといわして羽の先がきれいではないのですが、目玉模様が気にな調べました。
オオトモエ 
蛾で幼虫の食草が サルトリイバラ シオデ
サルトリイバラは我が家の上にある山にあちこちとあります。
ベリー類には害がないのでかわいそうなことをしました。
南無阿弥陀仏。

ナンタヘラ 秋果のサイズ

ナンタヘラの秋果を収穫したのでサイズです。
ナンタヘラ201708292
大きいのが取れる予定でしたがこの秋は今のところこの程度
ナンタヘラ201708291
気温が高いんで受粉がうまくいかなかった中ではまずまず。
トマトなども気温が上がると、トマトが肥大しないで、小玉化して赤く熟して、収穫時期が早くなるようです。
これは農家は困るので、遮光ネットで温度を下げるようにしているようです。
詳しくは
遮光資材導入のススメ

ナンタヘラとオータムブリスの糖度

ナンタヘラははちみつのように甘いという前宣伝がありました。
ナンタヘラとヘリテージの糖度を計ってみました。
まずナンタヘラ。

ナンタヘラ20170828
13.7どでメロン並みの甘さ。でも種が大きそうです。
次に ヘリテージ。

ヘリテージ20170828
9.7度で低いです。酸味も強いのでこれはあまくないですね。
それに比べて、ナンタヘラは甘そうです。
この後食べてみましたがナンタヘラは甘いです。でも酸味もあり、はちみつのように甘いというわけにはいきません。
ナンタヘラは今日たったの3個小さいのが取れたので、これからどうなるかわかりません。

HOME | >>

 プロフィール 

ペンネーム YUZU

Author:ペンネーム YUZU
キイチゴとバラと色鉛筆と
猫の額のキイチゴ類の様子とバラの絵を時々
色鉛筆でバラの花を描き始めたばかりです。。

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 
 月別アーカイブ 
 カテゴリ 
 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QRコード